Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-take-g/web/nakagawa/wp/wp-content/themes/WPnakagawa/archive.php on line 1
地元のこと | nakagawa takeji

地元のこと 一覧

「たかやしろ」が中野市役所に!

今年3月に完成した作品「たかやしろ」を8月5日に中野市役所に納品しました。
市庁舎の2階のサロンホールに置かれています。
写真左の大窓(北向)から高社山(たかやしろ)が望めます。
天井には高社山で育ったカラマツがあしらわれています。
想像以上に空間に馴染んでいて、嬉しいです。

平日であればいつでもご覧いただけますので、
市役所にご用のある方は2階に上がっていただいて、
特に用のない方も暑い日が続いていますので
クールシェアで2階で休憩していってください。

DSC_5306

2階のサロンホールは多目的に使われるので、作品の位置は度々変わります。
そのため作品台の下にはキャスターを仕込んで簡単に移動できるようにしました。
ギリギリエスカレーターにも乗るサイズに偶然なっていたので、
時に1階エントランスにいるかもしれません。

DSC_5370

DSC_5324

しばらくの間は、作者の紹介の冊子や図録も置いていてくれています。

DSC_5414

DSC_5438 2

DSC_5432

DSC_5465

DSC_5383

作品表題プレートは自作しました。
材はメープルで作品シルエットを糸鋸で抜いて、
妻にバーニングペンで作品名などを書いてもらいました。

DSC_5386

後ろには湿度計を設置して、ケース内の湿度をチェックできるようにしました。
アクリルケースを被せてから
湿度計が傾いているのに気がついて悔やまれます。
ケースが大きく重く、台と重なり合う部分が6センチあるために、
大人6人がかりでも安全に作業するのにかなり骨が折れるので、
次回開ける機会が来るまで調整はお預けです。

DSC_5392

DSC_5403

DSC_5395

こちら側は作品の後ろというわけではなく、冬側です。
人形が全員あっちを向いているので後ろに見えてしまうんですが、
ぜひこっち側も見ていただきたいです。

DSC_5422

DSC_5461

DSC_5480

DSC_5431 2

DSC_5482

DSC_5460

DSC_5459

DSC_5374

DSC_5457

DSC_5316

作品の後ろでひょっこりしているのは夏休み中の次女ですね。
現場では撮影の邪魔しないの〜と怒っていたんですが、
作品の大きさを示すのにちょうどいい次女。
小学3年、身長130cmが背伸びしてます。

ブログの更新が少なくなっていますが、
SNSで多く情報を発信しています。
インスタグラム、フェイスブック、ツイッターに
同じ情報で更新しています。
お使いのSNSで見ていただければ嬉しいです。

インスタグラム
https://www.instagram.com/take_g_toys/
フェイスブック
https://www.facebook.com/takeji.nakagawa.5
ツイッター
https://twitter.com/take_g_toys

コメントをどうぞ

まるごと一冊、信州中野!

先月、別冊KURA「信州中野」が発刊されました。
一冊の本で一つの市町村を特集するという、とても面白い試みです。

DSC_2498

♪うさぎお〜いし、かのやま〜♫
♪こぶなつ〜りし、かのかわ〜♫
で、おなじみの唱歌「ふるさと」は、中野市出身の高野辰之さんの作詞です。
表紙の「『故郷』のふるさと」は中野市の人なら誰の心にも響いている言葉です。

さて、この特集は大きく分けて、中野市の「過去」「現在」「未来」の三部構成になっています。
その「未来」にあたるパートで僕のことを取り上げていただきました。
今回は作品よりも仕事のことや移住のことなど、中野市で暮らしていくことについて、
今までのことやこれからのことをお話ししました。

DSC_2487

中野市の「未来」には、きっと僕たちの生み出す「新たなまちの文化」が必要になるはず。
伝統工芸など、伝統文化と言われたり思われているものは、
実際調べてみると100年くらい前に始まっていたり、
江戸の終わりぐらいに始まったもの(寄木細工など)が多かったりします。
寄木細工200年とすると、ぼくが寄木をは初めて17年ですから、
人類の歴史くらいの尺度で見れば、伝統とはその程度のものとも言えます。
過去や伝統を重んじることは大前提ですが、「新たなまちの文化」を生み出し、
僕たちの生きる時代の僕たちの文化を中野市から発信していければと思います。

DSC_2490

「僕らのまち、中野の未来を考える。」と題して、
「3RD」カフェ(http://3rdcafe.jp) のオーナーの関さんと、
「refalt」という服屋さん(http://refalt.exblog.jp) の堀井さん、
レストラン「MUSE」(http://muse1999.sakura.ne.jp) のシェフ小坂さんと、
僕の4人で座談会の様子がが6ページにわたって記事になっています。

DSC_2491

たった4人でどれだけこの世代の気持ちが代弁できているかわかりませんが、
それぞれの生き方や考え方から、未来へ繋がる可能性や多様性を感じていただければ嬉しいです。

DSC_2493

普段は異業種の人と話す機会がが少ないので、この座談会は僕自身にとって、
とても刺激的で有意義でした。
若い世代で繋がり合いながら、もっと若い人たちにとっても暮らしやすく、
楽しいことや、生き甲斐の多い中野市にしていけたらと思いました。

DSC_2496

さて、このページはUターン、Iターンの特集です。
僕自身は埼玉県生まれで埼玉県育ち、作品を作る工房を持つために中野市に越してきましたが、
父親の実家のアパートに越してきたので、Iターンような、Uターンのような感じで、
「I」も「U」も何かしっくりきません。
なので、親の実家の田舎に移住するのを「Jターン」というのはどうかと思いました。
僕の移住経験だと、親や祖母や祖父のことを知る人がいる場所に移住するのは、
全くの新天地よりずっとすんなり移住できたように思います。
祖父に世話になったという人が手を貸してくれたり、世話を焼いてくれたりと、
Iターンのような孤立無援さはなく、Uターンのような都落ち感もない、
親の田舎にJターン、これからの新しい生き方にぴったりな気がします。

DSC_2485

中野市の特集ということもあり、今のところ読者の多くは中野市の方々なのかなと思います。
というわけで、今回は今までになく直接の反響をいただくことができました。
娘の入園式の日には「お父さん、作家さんだったんですね」と、
保育士さんやお母さん方に声をかけられたり、
親戚の家にお線香をあげに行ったら「ご活躍ね〜!」といわれたり、
ぽんぽこの湯に入りに行っても、「見ましたよ〜!」「どっかで見た顔だと思ったら」と、
初めて会う方や、今まで顔は知っていたけれど僕の仕事は知らなかった方など、
多くの方に、褒めてもらったり、驚かれたりと、とてもうれしい気持ちです。

僕を編集部に推薦してくださった方々、
まちなみカントリープレス編集部方々には、心から感謝をいたします。
ありがとうございました。

別冊KURA「信州中野」は中野市の人が中野市をもっと好きになれる一冊ですが、
中野市の外に、長野県から日本全国に、
中野市のファンを一人でも多くつくるたもの一冊でもあります。
興味のある方がありましたら、
http://www.nao-magazine.jp/cp/online/index_3_main.html
このカントリープレスのサイトからも購入できそうです。

秋に予定している信州中野での個展に(春に東京で予定していましたが諸事情で変更しました)、
行ってみようかな〜?と思われる方がありましたら、
中野市ガイドとして是非お手にとってみてください。
個展の延期については、とってもよい依頼があったので、
予定のバランスを考え直す必要があったためです。
よい依頼は展覧会の依頼なのですが、
詳しくはもう少し具体的になってから改めてブログに書きます。

コメントをどうぞ

くうあそぶねる。

昨日、友人でデザイナーの関谷まゆみさん(and design)
娘さんを連れて遊びに来てくれました。
関谷さんの娘さんとうちの長女は同い年の小学校一年生。
親同士も同い年の人生三十六年生。
関谷さんと出会った時にはお互いに子供がいなかったのに、時の流れを感じます。

DSC02537

以前遊んだ時に、やたらと娘たちの気があったので、
冬休み最後の日にピザパーティを企画しました。

DSC02545

一年生ともなると手先が器用になり、一人前にコックさん。
2人とも積極的な性格で、どんどん作っちゃいます。

DSC02560

次女は保育園が始まっていないのだけれど、
三女が私にもやらせろとお姉ちゃん達のまわりをうろちょろうろちょろ。

DSC02555

長女 のつくった鶏肉とブロッコリーのピザ、あとはオーブンで15分です。

DSC02567

ナッツとチーズのピザはザラメとハチミツで超甘いので、子供達は結局これかな。

DSC02573

さぁ、たらふく食べたらとにかく遊ぼう!と駆け出していくのが子供で、
まぁ、たらふく食べると眠くなるのは大人な証拠です。

昨日の雨で硬くなっちゃった雪だって構わないのだと、
ずんずんつっ込んで、がんがん掘って、どんどん滑ります。
そして眠ります。

DSC02588

かつて「くうねるあそぶ」っていいましたけど、
子供は「あそぶくうあそぶねるあそぶ」ぐらいでやってますね。

DSC02596

もう7歳かぁ、なんて思うけど、
まだ7歳かぁ、あそんでばかりで、ちょうどいいね。

コメントをどうぞ
1 / 11 pages12345678910...last »