Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-take-g/web/nakagawa/wp/wp-content/themes/WPnakagawa/archive.php on line 1
1月, 2009 | nakagawa takeji

2009年01月 一覧

善光寺。

今年初めての善光寺参りに行ってまいりまいした。

これ初詣ってわけじゃありませんけど、
今年の干支は何ですか?お客さん、
そう、丑年でしょ、
そしたら牛に引かれて善光寺にもうでなきゃ、
そりゃもう、恋はもうもくってもんです。
?。
さて、善光寺はこのブログでも何回か紹介したけれども、
今回は入り口の門にある仁王像をご紹介。
写真ではなかなか伝わりにくいかもしれませんが、
善光寺の仁王像は力強さと躍動感があり、
プロポーションや筋肉の盛り上がりなどが美しく、
はっきりと「うまい!」作品だと思います。
それもそのはず、この仁王像は高村光雲の作品なんです。
高村光雲は彫刻を好きな人なら知らない人はいませんが、
なんか聞いたことがあるのだけどという人は、
高村光太郎の父と聞くとピンと来るかもしれません。
工芸好きであれば高村豊周の父といった方がいいかもしれません。
高村光雲(父)、高村光太郎(兄)、高村豊周(弟)、あまりにも天才な家系です。
それぞれが、その進んだ道で一級の評価を得て、作品や考えが後世に影響を与えています。
高村光雲、高村光太郎はすっごく有名(教科書に載るくらい)なので、
ここではちょっとだけ高村豊周のお話を。
ぼくは高村豊周の作品は正直「好き」ではないのだけれど、
彼の置かれた状況や、作品づくりに対する考えや悩みが「好き」なんです。
やっぱ長くなりそうなので次回へ・・・。
コメントをどうぞ

どんど焼き。

今朝、娘といつものコースを散歩していて、
近くの神社を通りがかると、おや!?
だるまさんやしめ縄なんかが、うずたかく積み上げられている。
あ、そうか、今日はどんど焼きの日だっけか。
青空と融け残る白い雪、赤いだるまに緑の松飾り、
ちょっとしたインスタレーション・アートかと思って見れば、
何とも不思議で可笑しくて、ちょっと不気味な造形。
ひときわ目立つ熊手飾りをよく見てみると、プラスッチックな神様達が、
一年のお努めを終えてお疲れぎみ。
量産品ならではの安っぽい豪華さが、なんともポップアート的かも。
そういえばクリスマスツリーにも似ている感じがして、不思議だね。
夜になったら火がつけられて、強い光とともに、
あっという間に燃えてなくなってしまう。
ひと月ぐらい輝き続けるイルミネーションもいいけれど、
一瞬の輝きの中、地域の人が家族で集う温かさもよいものです。

 

コメントをどうぞ

2009。

あけまして、おめでとうございます。
初詣に出かけて、2009年もよい年であるようお願して、
お雑煮食べて、おせち食べて、お酒を飲んで、
正月を祝えることの幸福に感謝しています。

気が早いですが、来年も同じように正月を祝えるように、
今年も頑張って行こうと思いもす。
酔ってもす。

コメントをどうぞ