Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-take-g/web/nakagawa/wp/wp-content/themes/WPnakagawa/archive.php on line 1
9月, 2013 | nakagawa takeji

2013年09月 一覧

福助です!(個展に関するご連絡)

どうも!お久しぶりの福助です。

ワシの久々の登場やから、なにか重要な話しちゃうんかと思ったあなた、カンがええで。
決定や決定!
7年後でしたっけ、あっと言う間ですがな。
ワシなんか決定の日からずっとハードな練習してますよ。
のれんが揺れるか否か…からの「いらっしゃいませ~」、
お客さまのお顔を見まして笑顔を決めつつ、ふかぶか~のお辞儀や。
床を指す指先の角度から流れるようなおデコのライン、
傾けし背中の伸びやかになるは日本の心。
ちょんまげに結びしはお客さまとの絆や。
ワシは本気や必ず出たるで東京オリンピック!
日本で開催やからて、IOCも粋やないか、大決定やないか。
そう、あれやあれ今話題の「お・も・て・な・し」こと、
注目の新競技「OMOTENASI」や!
前回の東京オリンピックの時には「JUDO」が新競技として加わってなぁ、
ワシは選考に漏れた訳やけど、
今回はワシやろな、どう考えてもワシやろな、開催国枠で代表は2人というとこやろ。
なんや滝沢馬琴だか、なんとなくクリスタルだかしらんけど、あんなもんに負けませんよ。
いいライバルにはなりそやけど、
「お・も・て・な・し」って、なに言うてんねん、てか、なにうてしまてんねん。
ええか、今からワシいいこというで、よう聞けよ。
いわんでするんがおもてなし!やん、そうやん・・・そうやねん。
おもてなししまっせ~ていわれてされるもんちゃうやん。
その辺、その辺のところ解っとるかどうかやねん。
代表はやっぱワシに決まりやろな。
7年か~、すぐやもうすぐ、いそがしなるぞ~。
いそがし、いそがしといえば・・・、あれ、あれあれあれ~~!
東京オリンピックに浮かれとったら大事なこと忘れとった。
そやそや、あいつどこ行きよった。
たしかワシの記憶が確かなら、この秋に個展するいうてたぞ。
そういやワシの乗ってるこれ、できかけの作品やないか、こっちもできかけや。
これもできかけ。
これもできかけ。でもでか~。
あっちもこっちもぜんぜんできてないやん!
どないしてん!?
この秋はワシのおもてなしは発揮できんのかい、7年後まで力を温存させとけとでも。
まぁたしかに真のエースにして金メダル候補のワシやけど、温存させ過ぎやろ。
ここんとこの中川は、あれもこれも欲張って動き回ってるから、どうかと思てたけど。
ブログにワシを出さんで何書いてるかと思えば、なんやねん前回のブログ、
青臭い思いで何ぞ書きよって、恥ずかしくてかなわんなぁ、
それより大事な書くべきことがあるんちゃうかと・・・。
たぁ~、だらしのない男やで!
さて、福助がブツクサいっている途中ですが、
個展に関するお問い合わせがありましたのでご連絡いたします。
この夏以前にお問い合わせいただいた方には、
今秋に個展をしますとお伝えしておりましたが、
来春に延期することになりました。
楽しみにしていただいた方には大変申し訳ありません。
すみませんでした。
針葉樹の研究や家具の製品化に向けたモデル作り等、
うまくいっている部分や、思うように行かないところなど、
思っていた以上に時間がかかっています。
僕自身の作品作りも並行して続けていますが、
家具や幼児用玩具の新作も出揃わないと、個展を開くボリュームになってきません。
当初は1、2ヶ月くらい遅らせて年内には間に合わせるつもりで調整しましたが、
秋から冬へが早い中野市は、10月を過ぎる頃には急に寒くなり、12月には雪が降り始めます。
他県から来ていただく方達に車チェーンが必要というのも難しいように思いました。
雪解けを待って開催をするほうが作品数も気候も充実してくるかと思います。
お待ち頂いていた方には心からお詫び申し上げます。
春には必ず満足の頂ける作品を揃えて、花咲く中野市でお待ちしております。
随分と長くして頂いたた首をもう少し伸ばして頂いて、お待ち頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
たぁ~~!春て、どんだけ待たすねん。
見てみいワシの首!・・・くっ付いてるように見えるかもしれんけど、
地球3周してちょうど今もどてきたとこやねん、
ピッタリ3周やぞ、どんだけ回らすきや。
まぁええ、オリンピックモードのワシが
春にはどんな「おもてなし」できるようになっとるか、みんな楽しみやろし。
みせたるは、ワシの本気。
おい中川!お前もワシにまけんような本気見せたれよ。
ええか!、お前の春はもうそこや、春は明日くらいの気持ちで毎日を励めよ。
ワシの7年後も明日や、いや今や、今でしょ!・・・、ほなっ。
コメントをどうぞ

長女とデート。

娘と2人で映画を見に行った。
ほどよく混んだ館内の中程に並んで座れた。
娘が笑えば僕もおもしろくなったし、泣きそうになれば僕もかなしかった。
大声で泣いてしまった時にはヒヤヒヤしたけど、
2時間はあっという間に終ってしまった。
帰り道で感想や印象に残った場面を娘と話し合っていた時、
ふっと不思議な気持ちになった。
高校生の頃、周りの友達に彼女ができ始めて、
どこにデートに行ったなんて話しを聞くようになった。
仲が良かった友達が1人また1人と、学校前の駄菓子屋のベンチから抜けて行くと、
「べつに彼女ができないんじゃなくて、つきあう理由が見つからねーし・・・」などと、
強がりのような本心のようなことを言っていた。
本心というのは、僕は男女が付き合うということがよく分からなかった。
高校生の頃から美術館に行くのが好きで、
ある種マニアックな趣味だったので、友達を誘うこともなく、
1人で出かけるのが普通だった。
1人でいることが基本的に好きで、何か空想したり自問自答したりするのが好きで、
人に合わせるのが苦手だった。
だから男友達よりも理解しあうのが困難そうな女の子と付き合って、
いったい何を話すというの?
いったいどこに出かけるというの?
つきあってどうするの?と思っていた。
そんな僕でも「つきあって欲しい・・」とタイプでないわけでもない女の子から告白されると、
思春期の男子にとって、ことわる理由もまた見つからねーし、とまぁなるわけで。
美術大学を目指す予備校で出会ったのがよかったのだろう。
つきあってどうしたかといえば、
今まで1人で出かけていた場所に女の子が一緒にいるということだった。
帰り道に1人でブツブツ言っていたことを話す相手ができるということだった。
意見が合うこともあれば、合わないこともあるということだった。
自分とは違う見方をする人がいて、その見方を自分の内にも持ち始めるということだった。
「君ならどう思うだろう?君ならなんて言うだろう?」
1人で面白いものを見てしまったとき、一緒にいて欲しかったと思うようになり、
一緒に暮らしはじめた。
1人でいることが好きだった僕は3人になり、
映画の感想を話し合う人がもう1人ふえた。
僕とも妻とも違う見方で娘は映画を見る。
自分とは違う世界の見方を受け入れた先に、また自分とは違う世界の見方が生まれた。
娘とのデートもわるくないと思った。
君たちのおかげで僕の見方はまた豊かになっていく。
自分とは違う見方を自分の内に持つということ。
もし男女が付き合うことや結婚に理由があるならそんなことだろうと思った。
娘と見た『風立ちぬ』は最高に楽しかった。
妻と見たらまた違った見え方がするだろうか。
コメントをどうぞ

ありがとうございました。

この夏の間に開催していました『信州の工芸家展 ~4人の作家の表情~』が終了し、
先日作品の搬出に行ってきました。
多くの方が見に訪れてくれたそうで、参加した作家の1人として心から感謝いたします。

搬出前に、後ろからの姿が奇麗だなぁと思って、パシャリと撮りました。
展示をする空間の大きさや雰囲気で、
作品もまた違った見え方がするものだなと改めて思います。
小さな作品でも、動かした手の痕跡や込めた思いが空間に広がっていくような気がしました。
もっともっとよい作品をつくって行きたいと思いました。
コメントをどうぞ