Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-take-g/web/nakagawa/wp/wp-content/themes/WPnakagawa/archive.php on line 1
6月, 2010 | nakagawa takeji

2010年06月 一覧

キートス!モイモイ。

帰ってきました。

フィンランドにキートス!モイモイって感じです。
キートス、モイモイはフィンランド語で、
キートスがありがとう、モイモイがバイバイだそうです。
なんとなく可愛らしい響きですね。

日本からヘルシンキまでは直行便で8時間。
機内で映画を見たり、うとうとしていればあっという間、
あれ、もう着いちゃった!以外と近い国かな。

フィンランド航空ことフィンエアーで行きました。
フィンエアーは開業以来無事故だとか、何となく安心快適な空の旅でした。
空港からはタクシーでホテルへ。
ホテルにチェックインしたらすぐにギャラリーへ。
着きました。
ここが僕たちが展示をするマルック・コソネンさんのアバインギャラリーです。
コソネンさんはフィンランドを代表する家具職人でありアーティストで、
ヘルシンキ芸術デザイン大学で教鞭をとられていたそうです。
作品は国内外問わず人気で、アバインギャラリーも知る人ぞ知るといった存在だとか。
この日は見学だけで、明日一日かけて作品の搬入展示を行います。
つづく。
コメントをどうぞ

コケシスター。

新作ができました。
しかしそれは、どこかでみたような、
とても当たり前の姿をしているように思えます。

そう、コケシです。
そしてこの子達は、おそらく姉妹です。
そう、シスターです。
となると、とても当たり前に『コケシスター』と命名される訳です。
べつに、ギャグではありません。
ぼくは子どもを持つ親父であり、この作品の親父ですので、
とても当たり前に、親父ギャグということになります。
それはとても自然なことです。
花を生ければ、
自然と、花かんざしということになるでしょう。
とても当たり前な、新しい作品ができました。
どうぞよろしく。
削る前と、削った後を並べてみました。
とても当たり前ですが、削った方がいいようです。
さて、後は作品と荷物をカバンに詰め込んで、旅立つだけ。
楽しさ半分、不安が半分という感じかなぁとも思いますが、
今回は心強い先生や先輩、作家さん達と一緒なので、
楽しさの余裕勝ちという感じかな。
グループ展については、帰国後ブログでご報告します。
ではでは。
コメントをどうぞ

でっきるっかな!

さてさて、フィンランドでのグループ展まで一週間と迫ってきました。
17日には飛行機に乗って・・・。
って、おい!
でっきるっかな?でっきるっかな!パヤパヤパッパ~?
新作の一輪挿しはできてるのかね。
旅の準備もあるので、普通の個展のように搬入の朝まで夜通し塗装とか無理ですよ!
今どんな感じか制作を巻き戻して見てみましょう。
でっきるっかな?

たくさん作ってます。
今までで一番ロングな目に挑戦、でっきるっかな。
ホラーじゃないよ、あれ?ビックリして口から何か出てますよ!
着物は作るのが大変なので、なるべく薄く切り分けて、でっきるっかな。
さて、頭と着物を圧着すれば、寄せ木作業は完了です。
え、え、何?このカワイくない感じのやつ?
ちょっとまじホラーじゃん!
自分で設計したのにもかかわらず、この段階では毎回少し不安になってしまいます。
ほんとに可愛くなるのかな?でっきるかな、パヤパヤパッパ~?
いよいよ削ります。
ぐるんぐるん、ぎゃ~目が回る。
なんか頭が伸びてきちゃった。
徹子かな、黒柳の徹子かな?
でっきるっかな?でっきるっかな!パヤパヤパッパ~?
ふりが長過ぎましたが、可愛くできて一安心。
後は、かんざし付けて、塗装して、ぎりぎりセーフで、でっきるっかな!
コメントをどうぞ
1 / 2 pages12