Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/lolipop.jp-take-g/web/nakagawa/wp/wp-content/themes/WPnakagawa/archive.php on line 1
9月, 2010 | nakagawa takeji

2010年09月 一覧

お宮参り。

今日は家の側の神社で、下の子のお宮参りをしてくれるというので行ってきました。
神主さんが来てちょんちょんってお払いするくらいかな~と思っていたのですが、
意外なほどに盛大にお祝いをしてもらって驚きました。
それもそのはず、今日の行事は先日のブログで書いた秋祭りの
最後の行事(祭りは続いていたらしい)に
地区の子どものお宮参りを合わせて行なっているみたいなのです。

子どもの頃からこの吉田区に住んでいる人ならあたりまえのことなんでしょうね。
父の代でこの土地を離れて、僕は大人になってから戻って来たので、
地域のことについて知らないことが沢山あるようです。
去年から吉田の協議委員に呼ばれるようになって、
自分の住む場所がどうやって運営されているのかを少しずつ知りました。
神社と隣接する公民館で協議会などの「政」が行われ、
神社では当然「教」が営まれているのですが、
パッと見「政教分離」というのがゆる~としている感じがします。
というか、神社などを中心に行われていたことを、
後から来た公民館に腑分けしたために、
西欧型の民主主義には割り切れないゆるりとしたものが残っていると思うのです。
民主主義と一緒に西欧文明を摂取しきってしまった都会とは別に、
田舎では未だに日本型の習俗が色濃く残っていて、
日本独自の民主主義がゆるりとでき上がっているのかなと思いました。
新聞やテレビで見る国会議事堂に象徴されるの西欧の仲間入り政治とは似ても似つかない政治が、
その下部構造として日本全国津々浦々には広がっていのかなと想像してみると、
なんとなく楽しいです。
都会にお住みのリベラルな方や、右や左に翼をお持ちの方などが見たら、
信教の自由やら国旗掲揚の是非だとか色々ありそうな訳だけれども、
ここではきっとそういうものはさして重要じゃないのかも。
家の側の神社で親戚や近所のおじちゃん達の雅楽や祈りとともに、娘も氏子に加えてもらう。
出生届を提出するという事務的な手続きとは別に、
自分の住む地域の共同体の中に受け入れてもらえる手続きがあり、
100年も遡ればそのことの方が重要であり、当然だったのだろうなぁとか、
雅楽の音色にぼんやりと考えていました。
リベラリズム(自由主義)とかコミュニタリアニズム(共同体主義)とか、
とかく~主義とか、その差異で考え過ぎてしまうのって、
ふわふわと都会で暮らす人や暮らしてた僕とかなのだろうなと、
ゆるっと思ったりした秋祭りでした。
コメントをどうぞ

秋祭り。

僕の住む中野市の吉田地区では、22日23日の2日間にわたり秋祭りがありました。
今年は親戚のおじちゃんが氏子総代を務めるので、親類みんなでお手伝いにいきました。

氏子総代の家では、お祭りの神輿や獅子を招いて神事を行ってもらい、
お返しに酒と料理を振る舞います。
朝も早よから、男性達は家の襖や窓を外し、灯籠やら提灯を用意して、
女性達は料理をせっせと用意します。
神社では村の人達が祭りの準備に一所懸命です。
準備が整い、いよいよ祭りが始まります。
行列がおはやしを響かせて、神社から氏子総代の家に向かいます。
 
一通り神事が行われると、宴会が始まります。
とても和やか。
襖を外せば大広間になって、随分沢山の人が入れるんですね。
昔ながらの間取りの家じゃないと氏子総代は務まらないのかな。
さて、夜になり氏子総代の家では獅子舞の奉納が行われます。
今夜の叔父ちゃんはいつになくシブい!。
吉田では獅子舞は子供が中心。
がんばって練習しているのでしょう、とても上手に舞っています。
今度は夜の道を神社に戻ります。
神社の境内でも、獅子舞が披露されました。
夜中まで祭りは続き、明日も続きます。
この日は朝からお酒と料理の準備、片付け、準備、片付け、準備、片付け・・・、
なんであんなに何回もあったのか分かりませんが、
かわるがわるお酒と料理を振る舞うので、親戚みんなで大忙し。
明日に備えてよく眠りましょう・・・ZZZZZ。
次の日、再び氏子総代の家に行列がやって来ました。
神事が行われ、宴会へ、若者達が演芸で盛り上げてくれます。
イノキが司会で「イチロー」の時事ネタなどなど、期待以上に面白くみんなでよく笑いました。
田舎っていいもんだな~と思える和やかな雰囲気。
親戚一同は2日間大変だったけれども、
祭りを見るだけじゃなくて参加することで見えて来ることもあり、
僕としてはとてもいい経験でした。
まぁ、来年もおじちゃんが氏子総代ですと言われたら、いやですけど・・・ね。
コメントをどうぞ

土蔵が戻った。

さてさて、前回のブログで動いた!土蔵が元の位置に戻りました。
動くのは一度見たものの、やはり驚きがあります。

土蔵の建っていた位置に新しい基礎をつくっています。
基礎の上に土台を設置し、再び木のレールが準備されました。
う~~しょ!人力全開でひっぱります。
一日かけて東から西にうごきました。北から南方向にもう一息。
こんなに年季の入った道具ですが、押す力はすごい強いみたいです。
いや~すごい!元通りの位置にピッタと戻りました。
お次ぎは、大工さんの登場です。腐った柱と交換する柱を現場で作っています。
今の普通の家は工場で作られた柱を使うので、現場では組み立てるだけということが多いとか。
腐った所を一カ所ずつ、慎重に交換していきます。
これは東側の柱の補修の様子。下部だけが腐っているので、途中から新しい柱に入れ替えています。
金物などで繋ぐのではなく、鍵上に切り出した材料をピタッと組み合わせ、
クサビを打ち込んで仕上げています。
おそらくは木の性質を熟知した日本の大工さんにしか出来ない技じゃないでしょうか。
さぁ、腐っていた柱が新しい柱に置き換わり、蔵が蘇り始めました。
後は新しい土台に、ホゾが収まれば一息つけます。
土蔵をゆっくりと下ろしていきます。
古い柱のホゾは、おおよそ100年前の大工さんが作ったもの。
新しい土台のホゾ穴は、今の大工さんが作ったもの。
グググ、グッグ、ゆっくりと収まっていきます。
引き屋さんがゆっくりと下ろし、大工さんがホゾを微調整していきます。
グググ、ゆっくりとホゾがホゾ穴に沈んでいきます。
お見事!ピッタッと決まりました。
お祭りのような、ある種の興奮とともに、
職人さん達の手で、土蔵が新たに生まれ変わったかのようです。
この後は、大工さんと左官屋さんで、壁や、床、扉などの修復作業です。
土蔵の中に入ってみると、どんな展示スペースになるのかワクワクと楽しみになってきました。
コメントをどうぞ
1 / 2 pages12