あと4日、となりました。

陣屋での作品展まであと4日となり、やっと搬入の準備を始めました。
以下の写真は完成までの道のりの途中です。
実際の作品は塗装3回目をクリアーして、乾燥を待つだけ。
展覧会が開けないという事故はもうない!というとこまでやってきたぞい。

何しろ展覧会のオープニングセレモニーのためにたくさんの人が動いてくれていて、
すでに感謝でいっぱい。
成功させるために最後の最後までとにかく僕もダッシュです。

もし展覧会に行ってみようかな〜とお考えの方は、初日オープニングがオススメです!
セレモニーで新作のお披露目と同時に、
ギャラリートークと音楽の演奏が響き合う、楽しい空間になる予定です。
ぜひぜひ、行くしない(中野の方言)なら、行くしかないです!

DSC_0431

DSC_0449

DSC_0450

DSC_0463

DSC_0486

DSC_0514

DSC_0521

DSC_0533

DSC_0537

DSC_0552

DSC_0573

DSC_0556

DSC_0624

DSC_0683

DSC_0680

DSC_0687

DSC_0689

DSC_0706

DSC_0712

DSC_0750

DSC_0792

DSC_0783

DSC_0866

DSC_0888

DSC_0964

DSC_0958

DSC_1000

DSC_0977

DSC_0987

DSC_1012

DSC_1023

DSC_1021

DSC_1101

DSC_1102

DSC_1114

DSC_1171

DSC_1164

DSC_1173

DSC_1180

DSC_1175

DSC_1187

DSC_1197

DSC_1198

DSC_1203

What do you think of this post?
  • like (10)

iネット飯山「レッツゴーまちっぷちゃん」!

先日、ケーブルTVの i ネット飯山 の取材がありました。
お笑い芸人の「こてつ」の北村さんと河合さん、アナウンサーの浅井みどりさんが、
ふらりと訪れるという番組なので出演者には僕の情報がほとんど伝えられていないらしく、
驚きや関心の反応がビビットで楽しい時間になりました。

今までも何度か取材をしていただいたことがありましたが、
芸人さんとお会いしたのは初めてです。
もちろん笑わせてくれて楽しく話しを進めてくれるのですが、
関心してしまったのは雰囲気を作るのがうまいなぁということです。
パッと見ての取材対象への理解、
遠慮しつつもすっすっと聞きにくそうなことにも踏み込んでくる話運び、
こんな友人が昔からいたかもと思わせるような親しみやすさ、
なるほど笑わせるだけが芸ではないなというのがよく分かります。

子供達も楽しいお兄さんと綺麗なおねいさんが遊びに来てくれたという感じで、
ただただ楽しかったよう。
緊張もせず普段通りなのはよかったのですが、
三女が普段通りすぎて隙があれば話に入り話題の中心になろうとして困りました。

さて、放送ですが、
番組タイトルは「レッツゴーまちっぷちゃん」(初回放送日3月1日/14:00)
放送期間は2019年3月いっぱい(毎週金14:00/19:00/21:30、毎週土11:00、毎週日11:00/22:00)
となります。

北陸新幹線飯山駅を中心とした信越自然郷エリア(信越9市町村)の情報番組ですが、
全国のケーブルテレビ局(120局以上)でも放送されるそうです。
(※ i ネット飯山以外の放送局での放送日時は各局の編成によります。)
また、同じ内容で何度も放送されるので見るチャンスも多いですね。

ケーブルテレビにご契約の方ならかなり広い地域で見れるようなので、
可能な方は是非ご覧ください。

DSC_1894

DSC_1899

What do you think of this post?
  • like (10)

「中川岳二寄木作品展」のお知らせ。

a4chirashi_2_

a4chirashi_2_omote

3月16日から長野県中野市にある「中野陣屋・県庁記念館」 にて展覧会を開催します。
この展覧会は現在絶賛製作中(おい!完成するのかい?!)の
新作「たかやしろ 」の完成発表(えっ!完成するの?)と合わせて、
過去の作品をいくつか展示(大小合わせて50点ほど)します。

初日3月16日には「オープニングセレモニー」があり、
音楽家でサックスプレーヤーの小布施由香さんをお招きして、
作品鑑賞と音楽鑑賞を同時にお楽しみいただける時間を設けました。

3月31日と4月1日は同館を中心に「中野 ひな市」が開催されますので、
ぜひ長野県中野市に足をお運びください!

「中野陣屋・県庁記念館」と、聞いて不思議に思う人も多いかもしれません。
中野市でなんで県庁記念館なんだろう?と。
おそらく中野市民でないとほとんど知られていないことなのかもしれませんが、
明治3(1870)年に中野村(現中野市)に県庁を置く「中野県」ができました。
ただ、できるやいなや中野騒動が起きて焼失、
明治4(1871)年、中野県庁を長野村に移転して長野県ができました。
まぁ、ありえないことですが歴史のイフを思うなら、
中野騒動を未然に防ぐことや鎮圧できていた歴史があったとして、
1991年6月にサマランチ会長が発表したのは
「中野オリンピック」だったのかもしれません。

さて、そんなイフを感じることのできる場所「中野陣屋」は美術館ではないので、
展示の規模はそれほど大きくはないのですが、
中川千恵子のイラストレーション展の同時開催や、
小布施由香さんや地元の仲間たちの協力によるオープニングセレモニーなど、
中野市ならではの美術や音楽を身近に感じてもらえる
アットホームな展覧会になるかと思っています。

開催中はできる限り会場にいる予定ですので、
作品について色々お話しできるかと思います。

DSC_1173

What do you think of this post?
  • like (11)