作っている途中 一覧

福来る。

ブログ更新がないからと心配して電話をいただき、ハッとしました。
集中していたと言えばそうだし、焦っていると言えばそうだし、
まぁ楽しくてしょうがないと言えば当たりです。

なにしろ、福が来るのです。
もう間近なのです。

DSC_6596 (1)

DSC_6599 (1)

DSC_6601 (1)

DSC_6612 (1)

DSC_6617 (1)

DSC_6623

DSC_6637

DSC_6683

「こてんこてん展〜ここは信州中野だよ(3)〜」を
10月10日から開催予定です!
後日きちんとアナウンスしますので、しばらくお待ちください。

福の字はさすがに骨が折れました。
初っ端でしくじって心がくじけそうになりましたが、
一歩一歩ここでしくじったら水の泡の連続を登りきりどうにかゴール。
達成感です。

DSC_6684

15年前に見た寄木細工の展覧会。
下の作品を観てビックリ、いっくら縁起がいいからって「福」って!
むりむりむり!むりすぎる!寄木先人はんぱね〜。

DSC_6652

DSC_6652 (1)

挑戦しようという気を、一切おこさせない超絶技巧に、
当時の僕は数字の3をどうにか象嵌して満足したばかりだったので、
その道のりの険しさに唖然としました。

でもまぁ、次の個展は「福助展」にすると決めた時、まぁやらないわけにはいかんだろうと、
避けては通れないだろうと、15年の成長をもって寄木先人に挑む時だと。

専門的には寄木先人の方は寄木細工で「福」を表現していて、
僕の方は象嵌で表現しているので、流派が違うみたいな感じですが、
フォースで通じ合う感じでしょうか?
そうでしょうか?

まぁ、現時点としては我ながらよくやったと思うので、達成感ですね。
されど寄木先人たちのフォースは近づけば近づくほど強大に感じられもします。
ようやく足元ぐらいには及んできたでしょうか、どうでしょうか?

とにかくまぁ楽しくてしょうがないのだろうと聞かれれば当たりです!

コメントをどうぞ

製材中に手をとめて。

ケヤキを製材している時に改めてケヤキの魅力を思いました。
ケヤキの魅力は内側から輝き出すような色味です。

100年以上かけて成長してきたケヤキが森から切り出され、
製材屋さんで目的の大きさに切り揃えられます。
そこから少なく見て10年以上の時間を経て、僕の工房に来て7年。
表面だけを見ると、とても美しいとは言い難い状態。

DSC01772

制作中の作品の寸法に合致し、選ばれたこのケヤキ。
作品に合わせて無駄なく慎重に材料取りをしていきます。
切り屑と一緒にケヤキの独特の香りが工房に広がり、
中身を見たとき、思わずため息が出ました。

DSC01776

DSC02078

なんて美しいんだろう。
黄色というか、橙色というのか、まぁケヤキ色というしかないのだろうね。
逆立ちしても自分には作り出せない美しさです。
やはり工芸の魅力は素材と作家の共同作業にあると思います。

僕はため息の後、
素材の育ってきた100年の最後の「一瞬」に出会えた幸運を思います。
そしてこれからの100年を誰かの家の棚の上で大事にされるような作品にしたいと思います。

めっちゃいい作品に仕上げますよ!

コメントをどうぞ

あと3日で、個展です。

ようやく、いや、いよいよ個展です。
前回の個展から時間をいただいた分、作品もそれなりの数がそろいました。
めくるめくヤスリがけの世界がここ3ヶ月の僕の楽しみ・・・でした。
きってもきっても、やすってもやすっても、いっこうに終わる気配のない部品の山。
とにかく一個ずつ、一個ずつ。
どんな小さなパーツにも面は存在するわけで、
その面と面とが交わる場所には角があり、
角があるなら木工家は面を取らねばならなぬ生き物。

どこに納得があるかって、そりゃ自分で決めるしかないわけで、
自分が納得できるまで手を動かし続けるしかないわけです。

DSC09591

DSC09601

DSC09610DSC09616

DSC09608

DSC09669

DSC09656

DSC09555DSC09542

DSC09561DSC09567

DSC08214

DSC08234DSC09452

DSC09538DSC09539

DSC09534DSC09701

DSC09722

DSC09689

DSC09708

納得の作品、仕上がっています。
ぜひ見にきて下さい。

コメントをどうぞ