テート・モダン


これ何の建物でしょう?
テート・モダンという現代美術館です。
なにやら火力発電所だった建物を、改修してつくったとのこと。
ロンドンのちょっと外れにあって、この外観、
看板もさらりとしていて、言われないと美術館だとは分かりません。
他に行った美術館がいかにもな外観(外壁に彫刻レリーフいっぱい)だったので、
なおさらです。
その日はカンディンスキーの特別展をしていて、とってもよかったです。

これは美術館の中、外観とは違ってキレイです。
なにかインスタレーションをしていました。
そう言えば、イギリスでは特別展など料金が必要なとこ以外は、
博物館も美術館も基本的にカメラOKです。
だめな所にはそのつど表示があります、
作品の保存上大丈夫なの?と思いますが、日本とは違うようです。
学生時代に西洋工芸史の教授が、
美術館の中の写真をスライドで見せながら授業をしていて、
写真が上手で好きだったんだけど、撮っていいの?って疑問に思っていたら、
「注意されるまではいいんだよ」と言ってたのを思いだしたなぁ。
あとは「日本語しか読めない」と言えばよいらしい。
ぼくは撮っていいとこしか、撮ってませんよ、たぶん・・・。
もし違てったら、ごめんなさい。

この美術館、金土曜日は22時までやってるんです。
この写真は美術館から撮ったテムズ川と夕日(なのかなぁ?)は
21時くらいなんです、でも美術館にはまだ人がいっぱい。
イギリスのこういうとこ、好きですね。

What do you think of this post?
  • like (0)

テイクジー・ズー切りまくり。


動物を切り抜いてます。
切り抜いています・・・。
やっぱり切り抜いています。
いつ終わるのでしょう?暑くて頭がボゥとします。
600体って何体ですか?
あっそうだ、今日は本間さんが午後すこしだけ遊びに来てくれました。
だれでも、この人と会わなければ今の自分っていないかも、って人いると思います。
本間さんはそんな人の一人です。
本間さんは陶芸家です、いろんな意味で尊敬している人です。
ぼくが長野に来て2年目の時、
そしてまだ作品が1つしか売れたことのなかった時、
いっしょに展示会をしようと誘ってくれました。
作家活動をする上で必要なことを、いろいろアドバイスしてくれて、
今考えると、あの出会いがなかったらちょっとこわいです。
あの頃は、作品を売って食べて行くなんてほんとうに考えられませんでした。
本気でバイト先のJスコに就職している自分が、頭をよぎったり・・・。
そんな状況でも、3歳年上の彼が成功している姿は何よりの励みになりました。
グループ展の会場まで、毎日車のの中で作家活動などについて話し合って、
生意気なぼくなので、意見が食い違うこともしばしば、
でもそんな中から、徐々に自分の立ち位置や方向性が見えて来て、楽しかったなぁ。
今のぼくは、あの時こうありたいと言っていた自分に、少しは近づけたでしょうか?
本間さんに初めてあった時、ずいぶんお兄さんに、そして立派に見えたけど、
ぼくはもうその歳を越えているんですね。
驚きです、あせります・・・じりじりと動物一体一体分ずつしか進めなくって
もどかしいけど、作るしかないわけですね。
金曜日にアートトリエンナーレ一緒に行きたいという話になっても、
「動物頑張って作りなさいよー」、と涼しい顔で言い放つ、
やっぱりあなたは兄貴です。
いつもたんたんとモノづくりをする、本間友幸さん、変わらないあなたを見習います。
彼のブログあります、『伝統と古典』という日記に本間さんの陶芸魂を感じました。

What do you think of this post?
  • like (0)

ビールうまいですね。


デンマークのパブの写真です。
イギリスやデンマークでは、パブというのが伝統的な飲み屋さんだそうです。
地元のバンドが演奏してくれていて、なかなかよい雰囲気です。
ビールが何種類もあり、店オリジナルのものがどの店にもありました。
ビールってそんなに好きでなっかったのだけど、
兄につき合って毎日飲んでいたら、すっかり好きになってしまいました。
驚いたのが、おつまみなどまったくないんです。
ひたすらビールでけ飲むのがあちら流です、それには慣れませんでした。
今日は暑いなか一日中、糸ノコで動物を切り抜いていて、
かなり汗だくになったので、ビールがめちゃうまかったです。
しかし長野やたら暑いです、どうしちゃったの?!

What do you think of this post?
  • like (0)