滋賀へ。

先日、友人で陶芸家の本間友幸さんにさそわれて、滋賀県へ行ってきました。
今回の目的の一つが、『琵琶湖ビエンナーレ』というアートイベントです。
このイベントは近江八幡市の市街地に点在する作品群を見て回るというもの。
これだけでも一日で回るのはちょっと厳しいところを、
日帰りという強気の姿勢の僕ら。
数日前に「本間さん、これは5時出発ですな!」と強気に申し上げた僕!
当日の朝、睡眠不足のその手が掴んだ枕元の時計は、まさかの「4:58」。
・・・やっちまったな、オレ。
34歳にして寝坊で遅刻、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
いきなりのオレハプニングに屈することなく、強気のまま30分遅れのスタート。
滋賀県の人には申し訳ないのですが、
長野県で「しが」と言えば志賀高原のことでして、
琵琶湖もスゴいが、諏訪湖もスゴいぞと言わざるをえません。
とまぁ、そんな長野県民イズムを丸出しで、滋賀に到着。

近江八幡市の会場の側まで来ると、何とも奇麗な町並みで、
おお!滋賀もなかなかですね。
福助マークの着いた青い看板がアートイベント会場の印で、
これを探して町をぐるぐる回ります。
古い民家であったり、老舗商店の蔵であったりと、
青い福助さんを見つけて、おじゃますれば、アートが観れるというわけです。
この作品は青木美歌さんの作品。
今回、滋賀まできたのは、この作品を見るためといっても過言じゃないです。
これは全てガラスで出来ています。
信じられないほど美しい空間が広がっていました。
ガラスという物質を超えて、
手では触れることのできない光や空気を造形しているかのようです。
他にも沢山の素晴らしい作品が目白押しで、とても楽しめました。
作品を見ながら町を散策していると、不思議と町並みの美しさに目がいくような気がします。
美しいものを発見したい、感じたいという気持ちが強くなっているからでしょうか。
こんな素敵な門構えの民家におじゃまできるのも、このイベントの美点かもしれません。
さてさて、全ての作品を見て回りたかったけれども、
もう一つの目的地、長浜市へと向かわなければなりません。
なぜって、長浜市にある黒壁美術館で本間さんの展覧会が開かれているからです。
美術館周辺は古い町並みや商店が軒を連ねていて、
観光スポットとして、とても人気の場所だとか。
立派な本間兄貴の立派な展覧会の会場です。
寝坊で遅刻な僕とは、やはり一歩も二歩も先行く兄貴は貫禄が違います。
本間さんの作品を代表する『薔薇貫入』の作品。
器の表面に入る無数のひび(貫入)が、まるで薔薇の花のように見えることから、
その名が付けられました。
写真ではうまく写すことができませんので、ぜひ実物を見て下さい。
思っていた以上に滋賀はいいところで、強気の一日プランでもとても楽しめました。
これからは「しが行かない?」と聞かれたら、
「滋賀県、志賀高原、どっち?」というだろうなと思います。
あと琵琶湖は諏訪湖とは比べ物にならないくらいでかかったです。
ほぼ海です。
さて、中野にはぎりぎりその日の内に到着。
結局オレハプニング以外は滞りなく、強気の一日プランは大成功に終わりました。
終わりよければ全てよし!・・・、反省してます。
What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(1)

  1. ハリケーン損害、大規模停電で最大4兆円も!

    一部調査では、経済的な損害の推計が最大500億ドル(約4兆円)に上方修正された。

    【新着】アメリカ ハリケーン被害報告2012.11.5 06:56

コメントをどうぞ