ヴィクトリア&アルバート美術館


1852年ーヴィクトリア朝の産業・技術の発展を背景に、
イギリスの工芸品やインダストリアルデザインの質を高め、
工業の振興を図るための博物館として構想された(Wikipediaより)そうです。
見たかったウィリアム・モリスの部屋と呼ばれる展示がある美術館で、
世界中の民族衣装や工芸品からプロダクトまで幅広く展示してあります。
美術好きだと、とても1日では見られません。
入場料無料(イギリスの美術館/博物館はほとんど無料)と言うこともあるのか、
かなりにぎわっていました。

入り口にこんなポスターが、『フリー アート ファン』なんだろ?と思いながら、
アジアの展示室に入り中国をのぞくと、

こどもとパパとママが沢山!なにやら楽しげなことをしています。
しかも展示品に柵など作らずに、突然のワークショップ、
ぶつかっちゃうんじゃないの!てか展示台にのっちゃってるし、オーイ!・・・
僕だけアセってるみたいです。
子供達は真剣に冠のようなものを作っていました。
面白いのは、どの子の作品も中国テイストなことです。
ワークショップの意図でもあるのでしょうが、他の文化を見るだけでなく、
見たものを表現にする、ことが出来ているのが楽しいですね。

「もっと紙ちょうだい!」「何作ろうかな?」お母さんもお父さんも真剣です。
想像は観察からはじまる、観察すると創造したくなる、大切ですね。
日本に帰ったら、ぼくも負けずに創造します!
思わぬ所でこどもたちに会えて、うれしいなぁと思っていると、
他の所からもこどもの歓声が聞こえます。
中庭に池と噴水があって、その日イギリスでは記録的な暑さということもあってか、
こども達が裸ではしゃいでいました。
こどもで溢れた美術館、日本ではあまり見ない光景です。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ