土蔵が動いた!

うちには古い土蔵があり、昨年建った住居と工房で中庭が出来るプランになっています。
古いだけあってあれこれ補修がしてあり、あまり美しいとは言えないので、
住居を建てるのと一緒に直す予定でした。
しかし、大工さんが土蔵の様子をよく見てみると、東側や北側の柱や土台が腐っていて、
簡単には直らないとのこと。
壊すにしても、残すにしても、なかなかの大工事になりそう・・・。
さて、あれこれと家族で話し合った結果、やっぱり直して残そうよと。
思い切って展示スペースにしちゃおうよと。
土台が腐ってる上に、昔の石の基礎にのっている蔵を直す。
言葉で言うのは簡単だけれど、いったいどうやって直すのか?
いったんバラバラにするのかな?腐ったとこだけ入れ替えるとか出来るの?
昔の基礎は低いし、直してもまたすぐ駄目になっちゃうんじゃ?
壊さないで家の土台が直るものでしょうか?どうやるのでしょうか?
実は動かしちゃうそうなんです!
家を!てか土蔵なので相当重いと思うのですが、動かしちゃうのです。

いよいよ始まります。
北側の壁を崩してみると、シロアリにやられたか、
柱がすかすかのウエハースみたいになっています。
年代物のジャッキで、おいこらしょっと持ち上げていきます。
土蔵を動かす「引き屋さん」はなんと2人で全ての仕事をしています。
木で作られたレールに載せられて、いよいよ動かします。
この日ばかりは助っ人がくるのかと思いきや、やっぱり2人で動かす!とか。
まじですか?!
原始的と言っては悪いのかもしれませんが、鉄のコロにのせて転がします。
特殊な押す道具で少しずつ慎重に動かします。
ここまで全て人力のみです。
さあ、北側へ横に動きました。
また数日後、今度は東側に大きく動きます。
さすがに助っ人が沢山くるかなって思ったら、今日も2人だけ、しかも人力でいくそうです!
今度はこんな道具が飛び出しました。
引き屋の職人さんが1人でひっぱり、1人はコロの調整です。
目の前の光景が現実とは思えません。確かにユックリと動いています。
手前が元あった場所、随分動きました。
 
元の位置に、新しい基礎を作り、土台を作って戻します。
どんなSFの超大作より、目の前の出来事の方がスリリングでワクワクに思えた日でした。
昔話で、借金の形に蔵を取られたなんて話を聞いたことがありましたが、
比喩かなにかなんだと思っていたら、実際持っていっちゃうてことだったんでしょうか。
どうなんでしょう?
What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. すごい!!!人間の力ってホントにすごいねぇ。
    きっとピラミッドとかもこうやって地道に作ったのね。
    なんだかステキな中庭になりそうねー。
    遊びに行きたいなぁ~!!

    ミカ★ (2010.9.5 00:15
  2. >ミカ★さん
    すごいよね~!
    ピラミッドとかモアイ像とか、ありえね~と思っちゃうけど、
    人力でもテコとかコロとかをうまく組み合わせれば、
    そうとうなものが動かせちゃうんだろうね。
    ちょっと涼しくなってきたし、ぜひ遊びにいらっしゃい!
    あ、でも体の方はだいじょぶなのかな。

    中川岳二 (2010.9.13 21:09

コメントをどうぞ