温泉にて。

年が明けて初めての温泉に行きました。
ひさびさだし、初温泉てこともあり非常に気分よし。
いい湯だな~♪なんて、歌の一つも歌いたい感じ。
露天から眺める景色を楽しんでいると、
なんかノリの違うお兄ちゃんが2人入って来ました。
田舎にはというか、温泉には珍しい外人さん。
鼻だの、へそだのにピアスをくっつけて、
肩だの、足だのに入れ墨の一見ベッカム風のカッコイイ兄ちゃん達。
スラングとか言うんですかね、
ちょっと乱暴そうな英語でイケテル感いっぱい。
何話してんのかなぁ、なんて思いながらプカリプカリ。
と、1人のお兄ちゃん立ち上がって、振り向いた・・・。
あっ、、。
背中に縦書きで『笑愛命』の3文字。
えっ、、。
しかもゴシック体。
笑いと愛が命です、いや重要な順に下から書いてみたとか。
昔、左の肩に『金』、右の肩に『健康』と彫った外人を見て、
ある意味真理だなぁと、感心したことがあったけど、
今回のは何とも言いがたい。
しかも字が下手なのがちょっと悲しい。
小学生がマッキーの太い方で、精一杯がんばって書いたようにしか見えない。
でもなんですね、景色を眺めるお兄ちゃんの背中を見ていたら、
悲しみを乗りこえて、絶妙な感じがして来ました。
今年もよい年になりそうな気がして来ましたよ・・・。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. 笑っちゃいました~
    同じような話なのですが
    テレビの投稿番組で
    外国の方が温泉で
    腕に「大丈夫」って彫ってあったのを見た!
    ・・・って言うのを思い出しました^^;
    きっと「丈夫」って強そうな言葉に
    輪をかけて「大」を付けたんだろうな~

    アカリ (2008.1.14 11:28
  2. >アカリさん
    「大丈夫」はいいですね~。
    励まされます。
    ぼくはまだまだ大丈夫!
    「大丈夫」は字のカタチが似ているので、
    デザイン的にもよさそうですしね。
    一度は見てみたいです。

    中川岳二 (2008.1.14 23:15

コメントをどうぞ