福来る。

ブログ更新がないからと心配して電話をいただき、ハッとしました。
集中していたと言えばそうだし、焦っていると言えばそうだし、
まぁ楽しくてしょうがないと言えば当たりです。

なにしろ、福が来るのです。
もう間近なのです。

DSC_6596 (1)

DSC_6599 (1)

DSC_6601 (1)

DSC_6612 (1)

DSC_6617 (1)

DSC_6623

DSC_6637

DSC_6683

「こてんこてん展〜ここは信州中野だよ(3)〜」を
10月10日から開催予定です!
後日きちんとアナウンスしますので、しばらくお待ちください。

福の字はさすがに骨が折れました。
初っ端でしくじって心がくじけそうになりましたが、
一歩一歩ここでしくじったら水の泡の連続を登りきりどうにかゴール。
達成感です。

DSC_6684

15年前に見た寄木細工の展覧会。
下の作品を観てビックリ、いっくら縁起がいいからって「福」って!
むりむりむり!むりすぎる!寄木先人はんぱね〜。

DSC_6652

DSC_6652 (1)

挑戦しようという気を、一切おこさせない超絶技巧に、
当時の僕は数字の3をどうにか象嵌して満足したばかりだったので、
その道のりの険しさに唖然としました。

でもまぁ、次の個展は「福助展」にすると決めた時、まぁやらないわけにはいかんだろうと、
避けては通れないだろうと、15年の成長をもって寄木先人に挑む時だと。

専門的には寄木先人の方は寄木細工で「福」を表現していて、
僕の方は象嵌で表現しているので、流派が違うみたいな感じですが、
フォースで通じ合う感じでしょうか?
そうでしょうか?

まぁ、現時点としては我ながらよくやったと思うので、達成感ですね。
されど寄木先人たちのフォースは近づけば近づくほど強大に感じられもします。
ようやく足元ぐらいには及んできたでしょうか、どうでしょうか?

とにかくまぁ楽しくてしょうがないのだろうと聞かれれば当たりです!

What do you think of this post?
  • like (29)

コメントをどうぞ