つながり。


木という素材を通して、世代や場所を越えてつながれる。
そんな思いがふっと湧いて来ることがありました。
abnの放送を見て下さった方からのお電話の中で、
松本で木の額縁を製造しているメーカーの社長さんから激励を頂き、
感激してしまいました。
「私は63歳になるんだけれど、あなたまだ28歳なんだよねぇ、
63と28でずいぶん歳の差はあるけれど、まったく同じ考えで関心してしまったよ。」
「何千個、何万個つくること、ただ沢山つくることは
ゴミをつくるのと同じというのは、全くそのとおりだ!」
「日本にとって、今あなたのような考えが必要だと思うんだよ。」
「人間は血の中にベースがあり、それを基にモノを考える、
そして考えたことから物が生まれるんだよ、考え方が大切なんだ!」
「私は63歳まで、ものづくりの現場にいて生涯現役をモットーにやってきた。」
「あなたのような生き方は金銭的には苦しいと思うけれど、
ぜひ信念を曲げずに、考えを貫き通して欲しい!」
自分にはもったいないような言葉を、
憶えきれないくらい沢山沢山かけていただき、ほんと泣けました。
ぼくたちは木の仕事を通して、確かにつながっているのだと思う。
自分の手を使い、木という素材を通して自然と向き合っているから、
モノと環境との関わりを意識せざるをえないのだと思う。
人と数字をにらめっこする仕事では見えない、感じられない確かさが、
ぼくたちの仕事にはあり、共感し合えるのではないでしょうか。
「金銭的には苦しい」さすがお見通しですねぇ。
テイクジー・ブロックをつくってくれる会社を探し歩いた時も、
会う社長さんみんなに言われたことです。
作品を認めてくれた上で、次ぎにくるのが「儲からねえだろ?」
恥ずかしげもなくいっちゃいますけど、「その通り・・・でもいいんだい。」
それを分かっていてくれる人がいること、
信念を貫け!と背中を押してくれることがほんとにうれしくて、うれしくて。
『はじめて遊んだおもちゃが、今もあなたのお気に入りでありますように』
これテイクジー・トイズの理念です。
正直くじけそうになることもあるけれど、
応援してくれる人がいるかぎり強がってみせるぞ。
あれ?、いや強がりなんかじゃないやい、やい!

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. とても素晴らしいと思いますよ.

    e/ (2007.2.26 02:07
  2. >e/さん
    ありがとうございます!
    こういうつながりっていいですよね。
    信念を貫く、簡単なことじゃないけどがんばります。

    中川岳二 (2007.2.26 22:59

コメントをどうぞ