たまに考えてみる 一覧

工芸って何?

前回のブログにつづき、美術と工芸を分つものは何かです。
そのモヤモヤ感の正体があるならば、探してみようということなんですが、
そもそも工芸とは・・・。
みなさんは「工芸って何ですか?」と聞かれたら何と答えるでしょう。
「抹茶茶碗とかの陶器じゃない」「なんか伝統的な手づくりのヤツ」
「漆塗りの御重とか、古い感じの」などでしょうか。
正直よく分かりませんよね。
工芸をしていると自覚している人でも、明確に答えることは難しい。
辞書的には[製造に関わる技芸。美的価値をそなえた実用品をつくること。
陶芸・木工・染色など。「伝統工芸」]とあります。
「実用品」というあたりが美術とは違うようですが、
前回のブログの『工芸の力―21世紀の展望』展に並んだ作品など
実用のない工芸品はもちろんありますし、
実用的な美術作品というのも存在するでしょう。
あえて今日的な意味を雰囲気で定義しようとすれば、
伝統工芸から日曜クラフトまで、主に自然素材を主に手で制作したものとなるでしょうか。
まぁ、主に手でつくっていれば工芸といえちゃいます、なんでもありです。
言葉というのは厄介なもので、生まれてしまうといろんな意味や勘違いまでを吸い上げて、
どんどん成長して、いつのまにやら「私はいったい何者なのだ?」とか言い出して、
自分探しの旅に出てしまいます。
そんな時は、「お前はお前だろ、現実を見ろよ」などといっても聞く耳は持ちませんので、
その言葉がいつどのようにして生まれたのか知ることで、
無駄な旅から連れ戻すことができるはずです。
工芸とは何か、工芸と美術の関係(区分)について、
樋田豊次郎著『工芸の領分』という本を教科書に考えてみようと思います。
まずはいきなりですが、
「工芸と美術の区別は、近代になって制度的につくられたものである。
両者がすでに江戸時代から区別されていて、それを明治政府が追認したのではなく、
反対に、両者の区別が明治政府による行政的産物だったことは、
近年の近代美術研究が明らかにしたところである。
 だいたい明治政府にしても、明治二十年頃までは美術と工芸を一体視して、
その総体を『美術』と呼んできたのだ。
元々日本文化には両者を分け隔てる考えはなかったし、いやそれどころか、
美術や工芸という概念自体がなかったのだから、
時代が近代になったからといって両者を区分することなどできるはずがなかった。」
とのことで、
明治政府による制度的な工芸と美術の区別は、
当初は「見かけ」の区別に過ぎなかったというのです。
え、そうなの?ですが、なんでそんな区別をしなければならなかったのでしょう。
つづきは次回。

コメントをどうぞ

光。

わが家にもついに、光がっ!
まぁそんな大袈裟なことではなくて、フレッツ光です。
中野市の吉田にもようやく今年の2月辺から、
NTTさんが光をそそいでくれたので、早速導入。
朝も早よから工事にきてくれました。
ぼくはプロバイダーのぷららに契約変更の電話をいれる。
そこで、問題はっせい。
「お客さまの契約プランは、セットプランですか?パックプランですか?」
「え?わかりません。」
「NTTの方から言われていると思いますが、、、」
「う~ん、言われたかなぁ、書類にも書いてないですけど。」
「セットかパックかわからないと、お話を進められませんので、
 NTTに問い合わせて、もう一度ご連絡ください。」
「わかりました。」
しかしセットとパックって名称はややこしくないか。
プルルルル、プルルルル。
「はい、フレッツサポートセンターです。」
「プロバイダーに言われて、私の契約がセットプランか、パックプランか知りたいんですが。」
「えっと、セットプランかパックプラン?でございますね。
 少々お待ちください、確認いたします。」
あまり良くわかっていない様子。
「お待たせいたしました。お客さまのご契約は『個別セットパックプラン』になります。」
「・・・。セットかパックかと聞かれているんですけど。」
ていうか、個別なのにセットって?更におまけでパックまでしちゃったよ!
ネーミングおかしくないか。
どんな眠い会議してるとこういう名前に決定してしまうんだろう・・・。
「そのようにご契約されているので、セットかパックかこちらでは分かりかねます。」
「そう言われても、NTTとの契約ですから他に聞く所がないです。」
「少々お待ちくださいませ。」
こういう時って、ほんと誰が間違っているのか分からなくなり、
自分がおかしなことを言っているんでは?と疑心暗鬼。
「お待たせいたしました。ぷららはセットかパックか2択で聞いているんですね?」
「はい、そう言っていたと思います。」
「2択でしたら、セットだと思います。」
ファイナルアンサー?っておいおい、いつからクイズになってたの。
プルルルル、プルルルル。
「NTTに確認しましたら、セットプランでした。」
「わかりました。ではお手続きの方、続けさせていただきます。」
お、正解だったのかな。まぁ2択だしね。
名前や住所などなど一通り確認していって、また難題が。
「ぷららには独自のフィルタリングサービスがございまして、
 3段階に設定することができます。
 暴力的なサイトやアダルト的なサイトの閲覧を規制することができますが?」
「規制ですか、それってどのくらいのレベルなんでしょうか?」
「どれくらいのレベル・・・ですか?」
たしかにレベルと言われても困るだろうね。
う~ん少し考えて思わず、
「例えば『必殺仕事人』のページを見ることは可能なレベルですか?」
と聞いてしまう。
題名だけだと『必殺』だけにかなり暴力的だが、
藤田まことが演じる中村主水のしがない公務員的お役人が、実は・・・、
というなんとも痛快でいてちょっぴり切ない時代劇の定番中の定番。
これがフィルタリングされてしまう様なサービスならば、サービスにあらず!
「すみません、具体的にはわかりかねます。」
笑い出しそうなのに、こらえながら真面目に答えるオペレーターさん。
ぼくは自分で言っといて笑ってしまう。
こういう時の感じほどおかしいことってないですね。
「それじゃあ選びようがないじゃないですかぁ、どうしよう。」
実際ある程度具体例がなくては、判断のしようがないと思う。
「変更は可能ですのでとりあえずフィルタリングしないということで、いかがでしょう。」
こんな調子で、3項目のフィルタリングサービスをすべて回避。
一連の手続きで、釈然としないハッキリしない選択と判断をせまられ、
なんとも言えない気持ちになった。
この気持ちどんな風にセットしてパックすれば個別に解決できましょか。
そんなこんなで、無事変更手続き完了、工事も終了。
おおっ、光は早い。
なんだかんだで、みんな適当でも地球は回ります。

コメントをどうぞ

落ちリンゴジュースはじめました。

「よぉ、マスターいつものたのむよ。」
カウンターに座ると、毎橋江固二は唾を飲んだ。
「落ちリンゴジュースでございますね」
(※落ちリンゴ…台風などで枝から落ち、通常の出荷が出来ないリンゴ)
マスターはサクッサクッとリンゴを切り、荒くすってからミキサーにかけ、
グラスにサッと注いだ。
「いや~美味いね、搾り立ての落ちリン100%がたまらねぇや。
これで環境にやさしいってのが、もたれた胃にグッとくるわけよ。」
江固二は、グラスの底に沈んでいくリンゴの種を数えながらいった。
「そ、そうでございますね。」
「ねぇマスター、今年は台風の直撃がなかったから、
落ちリンを確保するの大変だったんじゃない。」
「そ、そうでございますね。」
マスターはミキサーの後片付けをしている。
「オレみたいな環境派ていうか、グリーンでピースな人間になると
落ちリンしか飲めない感じなんだよね、もうすでに的に。」
またひとくち飲んで江固二はいった。
「このちょっとくすんだ色がいいんだよ。ほんと。」
ミキサーを片付け終わると、マスターは悲しい顔になった。
「あのぉ、実はこちらのジュースは技術的な問題や、落ちリンゴ確保の問題から、
落ちリン7%の配合なんです・・・。」
江固二は狐に摘まれたような顔をして、
「な、なんだとぉコラァ・・・、もういっぺん言ってみやがれ・・・。」
怒っているのかはっきりしない震えた声を上げた。
「実のところ、落ちリンを入手するどころか、リンゴの需要自体が減少していまして、
木になったまま出荷されないリンゴもあるありさまでして・・・。」
江固二の飲み込める事情は一つまでで、二つ以上はいい訳に聞こえた。
「毎日、落ちリン100%と信じて飲んできた、
オレのグリーンでピースな気持ちはどこに行きゃいいんだよ~。」
プルプルと肩をふるわせ、ほとんど泣いているようだ。
「こんなジュース、捨ててしまえ~!
新鮮なジュースなんか、もったいなくて飲めやしねえよっっっ。」
江固二は泣きながら残りのジュースをカウンターにぶちまけた。
とまぁ、そんな話があったとかなかったとか。
さて、『古紙偽装』ですが、これをきっかけにウソを責めるだけでなく、
根拠になるところの「再生紙は環境にやさしい」のかどうか、
詳しく調査する必要があるんじゃないでしょうか。
紙をリサイクルするには大量の薬品と水を使うそうで、
一方パルプは太陽と水だけで育ちます。
こんな単純ではないでしょうが、素朴にリサイクルだからいいではないはず。
「もったいない」が「もっともったいない」ことにならないように慎重にならなくちゃ。
※ボツネタ
『オチムシャ軍はじめました。』

「わが軍は環境意識の高まりに配慮して、落武者のリサイクルを実施。
落武者を40%の割合で配備いたしました。
敵軍も同じ条件を達成しており、その力、拮抗しております。」
「そうか、報告ご苦労であった。
しかし最近の落武者不足は深刻だ、
落武者の高騰で普通の兵を雇うより金がかかるときている。
帝から下されたグリーン軍備法施行以来、軍全体の士気も下がる一方であるし...。
まったく困ったものだ。
帝は現実を見ておられない、落武者100%など元々ムリな話なのだ。」
「でんれーーい、伝令!敵軍の落武者率に偽りあり。
わが軍の前衛、被害じん大。」
「なにぃ、わが軍も落武者率を偽っていたのに、敵軍はもっとか!」

コメントをどうぞ