たまに考えてみる 一覧

高村豊周。

うちの娘経由で、家族揃ってお腹を壊したり、
住んでる地区の協議委員になってしまい、会に参加したり、
あれよあれよと、ブログがおろそかに・・・。
今年も始まったかと思えば、もう2月だし、年を取ると時間が早く感じると言うけど、
30歳になって、つくづく納得の今日この頃です。
さて、前回の続きで「高村豊周」について少し書こうかと思います。
(とはいえこれは、樋田豊次郎著『工芸の領分』を読んだ受け売りを、
なんとなくこんな感じかなで書こうと思うので、
工芸をやってる人などは、本を読んだ方がいいです。)
高村豊周は 高村光雲の三男、高村光太郎の弟として1890年に生まれ、
東京美術学校(現:東京芸大)鋳造科で鋳金を学びます。
1926年に同年代の若者(松田権六・佐々木象堂など)と共に『无型(むけい)』という工芸団体結成。
高村は无型の中心人物として、当時の工芸界で自分の近代的工芸を主張し、
昭和初期に置ける工芸近代化に重要な役割を果たしました。
なんだかカタくなりましたが、この无型の結成時に高村が書いたといわれる宣言が、
ちょっと面白いです。
「无型の誕生」
无型は無型、型ナシだ。型をもたぬ。すべて自由に、各人各様の姿態を持つ。
それならば何でもよいかといふに、必ずしもそうではない。
各人各様の姿態を通じて目に見えぬ線の連鎖があるのでなければならぬ。
燃え上がる情熱と生一本のムキな意気込みと牛のような根気と、
そして美しい未来へのあこがれと、ーーーこれだけは是非ともなくてはかなわぬ。
懐古趣味、退嬰、萎縮、安息、死滅、空虚、沈黙、現状維持、事勿れ、
ーーーこれは无型の最も排斥するところだ。
新鮮、ブィブィッド、溌溂、前進、躍動、充実、現状破壊、未来、歓声、
ーーーすべて光ある彼方へ向かって无型は旗を振りかざす。
今は即ち今だ。飛び去る瞬間だ。この瞬間を愛せよ。この瞬間に息づく工芸美術を作れ、守れ。
大宮人が桜をかざして歩いた時代を憧憬する者よ、まづ死ね。
・・・、え・・・「死ね」って?
(近頃の若いもんは簡単に「死ね」とか言ってけしからん!なんてのは、
いつの時代もいわれているのかもしれません。)
締めの言葉がちょっとインパクトなうえ、全体的に情熱がほとばしり過ぎですが、
目を細めて読んでみれば、
80年前の工芸を志す若者の素直な気持ちが伝わる文章じゃないでしょうか。
「型をもたぬ。すべて自由に、各人各様の姿態を持つ。」とか、
「懐古趣味」「退嬰(保守的な)」「現状維持」が嫌いとか、
「前進」「躍動」「現状破壊」「未来」が好きとか、
「この瞬間に息づく工芸美術を作れ」なんて、
今の新しい表現をしようとする若者と大差ない思いじゃないかなと。
では、高村達がこんな過激に批判し、
それこそ死んで欲しいとまで思った当時の工芸とは、
いったいどんなものだったのでしょう?
なんだか長くなりそうなのと、ぼくが眠そうなので、続きはまた。

コメントをどうぞ

一本の釘。

いつからだったか、いつまでだったか、明日への希望や、
将来の夢を会社の成長と重ね合わせることのできた時代があったという。
個を支えたのが会社への帰属感や、終身雇用といった制度だったのは、
ほんの僅かな特殊な期間だった。
今は派遣やアルバイト、期間労働などの雇用形態のなかで、
繋がりを失った個が、
誰とでも代替え可能な自分を否応なく受け入れ、
又は拒絶して孤独や無力感を深めていく。
かつてアーツ・アンド・クラフツ運動を主宰したウィリアム・モリスは、
産業革命以後の機械化による大量生産時代の渦のなかで、
消えゆく手仕事における「働く喜び」を説いた。
彼に決定的な影響を与えたジョン・ラスキンは、
その著『ヴェニスの石』で、機械化、分業化の果てに、
「分割されたのは労働ではなく人間だった。
 生命の小破片と屑片とに粉砕されたのだ。
 だから、人間のうちに残された知性の小片のすべてをもってしても、
 一本のピン、一本の釘の頭をつくることで消耗してしまう。」
と書いた。
つまりラスキンは、分業化が進むと、
人は一本の釘の全体をつくる能力すら失われ、
釘の頭の部分しかつくれなくなるということを懸念したのだ。
この話に例えられた人間の総合的な能力の喪失が、
労働における創造性や喜びを奪い、
労働のなかで自分を自分たらしめる重要なものを奪い取った。
「労働者の堕落によってしか得られないような便益、美、安価を
 断固と投げうち、健全で人を高める労働の生産物と成果とを、
 同じく断固と求めることにある。」
ラスキンの願はモリスにより実践され、アーツ・アンド・クラフツ運動になり、
かたちを変えながら世界中に広がっていった。
これが起こったのは、100年以上も前のこと。
ラスキンの願いむなしく、
今や多くの労働はマニュアル読んで、明日からでも、どなたでも、
どんな職種もOKの時代。
労働ばかりじゃない、忙しい現代人は仕事以外も効率化、
電話もTVもメールもカメラも音楽もGPSも、
なんだって手の平のなかに収まるそうで、
便利なことは良いコトだなんて思っていたら、
生活すらも自分を自分たらしめるものは無くなりそう。
僕や君が今思いついた最高のアイデアや名文句は、
そいつでちょいと調べてみれば、もう誰かが思いついているし、
そいつの画面の喜びも悲しみも世界中(先進国という)が一斉に感じてる。
べつに僕や君が居たって居なくたって、
みんなの知ってることも感じることも大差はない。
お山の大将でいることなんて出来やしないし、
もの知りじいさんでもいられない、ユニークなんて過去の話。
ケイタイやコンピューターで繋がり合い、
知識や体験が、言葉や映像で共有されていく。
君に伝えたかった言葉は、
いつのまにか誰かに届けばよくなって、宙ぶらりん。
画面の向こうの誰かなんて、ほんと誰でもよくなってしまうのかも。
しかしなんだね、あの手の平サイズの夢の機械は199ドルだとか。
叶えた夢の多さからすると、ちょっと安すぎやしません?
何を犠牲にすると、こんな値段で採算とれるんだろう?
もしかして、誰かの夢や希望なんてことはないだろうね。

コメントをどうぞ

工芸はモヤモヤ。

明治政府による制度的な工芸と美術の区別は、
簡単にいうと外人さんに説明するために、もしくは話を合わせるために行なわれました。
当時、襖絵や掛け軸や屏風、書、茶道具、簪、根付けにその他もろもろ、
今では工芸や彫刻、絵画、デザインなどと分類されるそれらを、
どう分類し説明すればいいのか誰にも分からなかったのです。
ましてそれらを総称する言葉は存在しなかったし、その必要もなかったのでしょう。
「近代以前には、ひとことで造形芸術(美術や工芸)を意味する言葉がなかった。」
訳ですが、必要に迫られる時がきました。
それは1873年に日本政府が初めて公式参加するウィーン万国博に出品するにあたり、
1872年(明治5年)に同博の出品分類(ドイツ語)の翻訳として「美術」という言葉が生まれ、
「西洋ニテ音楽、画学、像ヲ作ル術、諸学等ヲ美術ト云フ」と定義されました。
漢字が苦手なぼくにはよく分かりませんが、像を作る術?おまけに諸学ですから、
とにかく何でもありってことで、もちろん工芸もこれに含まれています。
黒船襲来で江戸から明治で文明開化、一気に洋式化される中で
日本美術も西洋美術の枠組みに合わせて再編成されます。
「西洋の鋳型に日本をはめ込むといえば、油絵や洋館の移植が想起されるかもしれないが、
実際にはそうしたもともと日本にその伝統がない分野の移植は、
西洋を日本の風土に馴染ませる努力をしたにすぎない。
むしろ厄介だったのは、日本画、工芸品、社寺建築など伝統分野の方で、
それらを西洋化するためには、西洋化されてもそれらのアイデンティティが失われないために、
それらの芸術的高尚さを対外的に認知させる努力が不可欠だった。
具体的には、一方では日本美術の固有性が揚げられる必要があったし、
もう一方では、江戸時代までに培われてきた『造形芸術』が、
西洋流の〈美術〉、〈工芸〉、〈工業〉といった概念によって
腑分けされなければならなかったのである。」
油絵を洋画といって、その遠近法などを真似ることよりも、
襖や屏風に描かれていた絵を日本画と称して額に納めるのには、
大変な努力や苦労があったでしょうし、
数多ある造形物の何を工芸とするのか、
陶器一つとって見てもその中で、これは工芸品、これは工業品と分けることは、
不可能に近い困難だった違いありません。(未だよく分かりませんが)
しかも西洋の方式に合わせながらも、戦争の世紀へと富国強兵の只中、
外国の方々に日本てすげーんだぞと威勢を張り、
日本のアイデンティティを主張しなくちゃいけない時代でもありました。
そんなこんなするうちに、
「『工芸』は1890年頃に定着した言葉です。」ということになった訳です。
長い年月を掛けて培われてきた「いろいろ」を文明の力でもって突貫工事、
夏季は高温多湿の日本の風土にレンガでできた洋館を建てちゃ、カビも生えるってもんです。
結果、美術も工芸も「モヤモヤ」しちゃって、カビが生えないように美術館で保存し、
芸術の秋なんてなキャンペーンでもってご覧頂くほかないという、
なんともマニアックな業界になりました。
工芸(美術も)自体がモヤモヤと曖昧なまま存在し、
その中で表現者もモヤモヤと曖昧なまま作品を発表しているといった事態です。
美術や工芸になにやら難しいものという印象をお持ちの方がいるとすれば、
それは「難しい」のではなく「モヤモヤ」としたものというほかないのです。
樋田豊次郎著『工芸の領分』には工芸家として読むと、
まだまだ興味深い話が沢山書かれています。
工芸をしてる人はもちろん、したい人、好きな人にはおすすめの名著です。
ぼく自身ことあるごとに読み返し、付せんベタベタで、これほど線を引いた本は他にないです。
ただ、2900円(税別)と少々高めなので、
ぼくが気になった所をもうちょいピックアップしたいと思います。

コメントをどうぞ