たまに考えてみる 一覧

『進化』を求めて。

前回のブログで、自分の作品を「ヘンテコ」なといい、
さらにそれをいい意味だと書きました。
すこし分かりにくい話なのですが、どうぞおつきあい下さい。

普段一人で工房で仕事をしている僕は、

個展に来てくださった方とお話をするのが、会期中の楽しみの一つです。
今回は特に若い作家さんや学生さんと話をする機会が多かったようで、
話の最後にはどうしても、ある同じような話題になりました。
それは、僕たち工芸家や芸術家などの表現活動で生きて行こうとする人は、
好きなものを作ることと、それでおまんまを食って行くことの間で、
右往左往、時にどっち行っちゃうの?てくらい迷走してしまうというような話です。
結局のところ、僕も未だに答えが出ていないし、
もしかしたら(おそらくは確実に)一生つきまとう問題なのだと思います。
なぜなら、
誰もまだやっていない新しい表現をしたいというのなら、
自分すら知り得ない世界をいつまでも探し続けるということだからです。
もし、安定した制作活動をしている作家がいるとするなら、
その作家は過去の作家ということになてしまうのかもしれません。
ぼくは、新しい表現というのは
この世界に完全に存在していなかったものとは考えていません。
誰もが知っていたのにもかかわらず、
いまだに皿の上にのったことのなかった料理のようなものなのだと思います。
ありふれた食材の味付けの仕方、
駄菓子にもならないと思われていたような食材の調理の仕方、
盛りつけ方を考え抜いたただけでも、
新しい味覚、新しい価値や文化を作り出すことができると思うからです。
そうした結果として、
その表現を見つけ出した人の中から、
その人が生まれてこなかったなら、この世界にその価値が生まれ落ちなかったものを、
芸術作品と呼び、芸術家と呼ぶのだろうと思います。
政治や経済は社会を『進歩』させ豊かにすることが役割ですが、
社会に文化的『進化』を与えるもの、それが芸術であり、
芸術にしかできないことです。
『進歩』と『進化』は似ている言葉のようですが、かなり違った意味があります。
ためしに『進化』を辞書で調べてみると、
 生物は不変のものではなく、
 長大な年月の間に次第に変化して現生の複雑で多様な生物が生じた、
 という考えに基づく歴史的変化の過程。
 種類の多様化と、環境への適応による形態・機能・行動などの変化がみられる。
 この変化は、必ずしも進歩とは限らない。

「必ずしも進歩とは限らない」とあります。
私たちは今、『進歩』を前提とした社会に暮らしています。
グラフにすると常に右肩上がりでなければならない社会です。
昨日より今日、一台でも多くの車が走っていなければならないし、
一着でも多くのジーンズが製造されていなければならず、
売上高やら、GDPやらがマイナスになることはあってはいけないことになっています。
マイナス成長なんて言葉によく表されています、成長ありきであると。

「長大な年月の間に次第に変化して現生の複雑で多様な生物が生じた」世界を、
百年足らずで、消費のために消費し、
「歴史的変化の過程」で生み出された多様な文化や習俗、言語までも、
グローバリゼーションという現象のなかで、消費のために消失していきます。
(例えばどの国でもGAPのジーンズを買うことができ、着ることが変だとは感じません)
生物が生き残る可能性を増やし続ける為に、多様な『進化』を選んできたのにも関わらず、
生活の豊かさの為に『進歩』させた社会が、世界を単一なものに変えようとしています。

突然ですが、ペンギンておかしな生き物だと思いませんか?
ペンギンが属する鳥類は、普通は空を飛んでいます。
人から見れば空を飛ぶことは、時にうらやましくさえ思えることですが、
ペンギンはダチョウのように空を飛ぶことを止めたばかりか、
海の中を飛ぶように泳いでいます。
『進歩』的な視点から見れば、なにか間違っちゃったやつという感じがしますし、
より上手に飛ぶ方向に頑張って進め!と促したくなります。
地上でのあの不器用な歩き方や、海中ではえら呼吸はできないから息継ぎが必要とか、
「(進化とは)必ずしも進歩とは限らない」という言葉が非常にしっくりくる生き物です。
しかし『進化』的視点から見てみれば、
地球上が空を飛ぶことができない状況になった場合、
例えば数年間豪雨が止まないような異常気象が続いた場合に、
鳥類で生き残るのはペンギンのみということもあるかもしれませんし、
地上では生活できないほどに降り続ければ、ペ
ンギンやイルカ、クジラといった
「ヘンテコ」なやつばかりが、魚類やプランクトン以外の生物の可能性を残すかもしれません。

芸術というのは『進歩』を前提とする社会において、
余裕がなくなるとまっ先に「仕分け」されてしまう分野です。
しかし、社会に『進化』を与え
結果的に「他の道」を用意するのが僕が思う芸術の役割です。

右肩上がりの『進歩』が続かなくなった時、
おそらくは近い将来にそうなった時に「他の道」が残されているように、
芸術は『進化』の可能性を追い求めます。
僕はペンギンのようでありたいと思っています。
鳥類といったジャンルに捕われない、
工芸でもアートでもデザインでもないような、あるいはそのどれでもあるような、
「ヘンテコ」な作品を作り続けて行きます。
『進化』を求めて。
さて、写真は六本木ヒルズの53階からの東京、すごい眺めです。
会期中に森美術館に『六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?』を見に行きました。
わざわざ問わなくてもとも思いますが、問うてみることも大事なのかな。
まぁ、53階も登ってきちゃうと、下の町にはその問いすら聞こえていないようには思います。
アナザワールド東京、クロージングワールド芸術。
・・・でもないか。


コメントをどうぞ

アイ・ウェイウェイ展

先日、六本木の森美術館で開催中の『アイ・ウェイウェイ展』に行ってきたので、感想など。
アイ・ウェイウェイは中国を代表する現代美術のアーティストで、
世界でも最も注目されている作家の1人。

 
(館内写真撮影可、全てアイ・ウェイウェイの作品)
いちばん下の写真は『フォーエバー』と題された自転車を円形に繋ぎ合わせた作品。
中国の国民的自転車メーカー、フォーエバー(永久)社の自転車を使用。
急速に自動車中心の社会に変化している中国で、
永久と車体に書かれた自転車が組み上げられた作品は、
自転車の「永久」について問い、自動車社会の「永久」もまた問う。

中国の今をありのまま提示することで、世界の中の中国をどう理解し、
どう理解されるのか?そのこと自体がアイ・ウェイウェイの作品なのだと思った。

ぼくが気に入った作品は展示最後の『童話_椅子』という映像とインスタレーションの作品。
(暗かったので作品の写真はなし、気になる方はグーグルの画像検索で)
これは2007年にドイツで開催されたアートフェア「ドクメンタ21」で、
1001人の中国人と1001脚の清時代の椅子を展示した『童話』プロジェクトの
準備から展示終了までをドキュメント映像にまとめた作品。

中国各地の1001人をドイツに招き、展示会場に仮設した宿泊施設に寝泊まりしてもらう。
泊まるのがホテルでなく展示会場だというだけで、単なる団体ツアーと言ってしまえばそれ。
これと清時代の椅子を1001脚集めて、会場のあちこちに展示した。
特に何かを作ったわけではないが、中国全土から参加者を募り、
老若男女の参加者の大半が少数民俗の農民ということもあり、
1人1人のパスポートの面倒から、スケジュール管理、椅子の補修など、
時間とお金がまったく足らないといった感じ。
美術作品の制作とは無関係に見える裏方の仕事をまとめあげるのは相当に大変そう。

映像は実際に清時代の椅子に腰掛けて観ることができ、
中国とドイツを小旅行したようで楽しかった。

さて、この作品のぼくの思うポイントは2つ。

1001人は何を問う?

美術、特に現代美術に価値を見いだすのは「近代」化された国、
つまり西欧の価値観でものの善し悪しを判断する国の人だということ。
もっと簡単にいうと『ミシュランガイド』をありがたがってしまう国の人である。
今まさに西欧化されつつある中国の人々、特には農村の人々が現代美術の作品そのものになる。
つまり現代美術の価値など理解しえない人々が作品そのものとなり、
理解される側に回るのである。
極端にいえば、「美術なんてどうでもいい人」と
「美術を理解したい人」が互いに見られ、見る関係になってしまうのだ。
そしてその関係は、社会の枠組みが変われば(もしかすれば展示される場所が変わるだけで)、
逆転してしまうかもしれない。
裸の王様はどっちだという作品である。

1001脚の椅子は何を問う?

椅子は人間が生み出した道具の中で、特異な存在だ。
人の仕事や食事、休息の姿勢を支えるだけでなく、時に権威を支え、
社会・文化の変革を潜在的に支える。
多木浩二著『「もの」の詩学』にこうある。

西欧が近代化を世界中ににひろめたとき、椅子がほとんどの非西欧世界に浸透し、
それらの土地にあった民族的な座法を変えていったことはよく知られている。日本
の文明開化を考えてみればよい。西欧文化を受け入れることが近代化であったか
ら、椅子とテーブルの生活が実質的にはまだ「近代化」していない社会に入り、椅
子とテーブルにともなう新しい身体技法がこれまでの伝統技法とのあいだに差異を
生じたので、それにもとづく記号機能を発揮したのである。これはその社会(明治
社会)が近代社会を目指していたから、家具および新しい立居振舞が近代性をあら
かじめ示す情報(記号)になった例である。

ちゃぶ台を捨て、畳を上げ、椅子の生活を取り入れていった日本の近代化。
それは、まことにすみやかに受け入れられていったように見える。
畳に座ることと、椅子に座ることには本質的な優劣はないはずなのだが、
近代化が西欧化であり椅子に座ることだったということ。

それに対して中国はもともと椅子の文化であり、独自のスタイルをもった椅子が存在している。
どちらが近代化しやすいかといえば、前者の日本なのだと思う。

経済発展の原動力はものをつくり売ること、ちゃぶ台を捨て椅子を買うことは、
新しい家を買うこと、山を崩してニュータウンをつくることに繋がっていく。
新しい暮らしと、古い暮らしの分かりやすい記号があれば、人やものの流れが作りやすい。

日本に対する中国の近代化の遅れは、もろもろの政治的要因や、
中国語(漢字)の英語との親和性のなさ(例えば日本語はニュータウンなどカタカナでやくせる)
と同じように、西欧的な暮らしという記号の曖昧さがあるのかもしれない。

とわいえ、ドキュメント映像の中で、とある田舎の村の参加者の人々が、
「海外に行って、外人と結婚して帰ってくれば、この村にもレンガの家が建つわ」
というような、憧れと希望に満ちた会話をしていた。
(ぼくの親くらいの世代が中高生の頃にこんな会話をしていたんじゃないだろうか。)

近代化された国の六本木のビルの上(森美術館)から見れば、
彼女たちの村は必然的に統一感をもった木造の家が立ち並ぶ、のどかな風景の美しい農村である。
この村もいつかはレンガの家や新建材の家が建ち並び、
近代化が一周すれば「木の温もりっていいわ」といっているのだろうか。

作品の上映が終わり、清時代の椅子から立ち上がりながらふと気づく、
会場の椅子に腰掛けるぼくもまた作品の一部となり、
見る側、見られる側は、いつの間にか逆転してしまっていたのだと。

そして思い出した。
ニュージーランドに住む兄のところに遊びに行っていた母が、
向こうからぼくの娘に買ってきた誕生日プレゼントはmade in China。
行く時に持っていった兄の子に買っていったプレゼントもmade in Chinaだった。
それぞれニュジーランドと日本のメーカーなのにもかかわらず、
ずいぶんと長い旅をするものだと笑ったこと。

1001脚の椅子が意味するものは何か。
西欧化があまねく行き渡り、
グローバル社会の中で中国がますます重要な国になっていった時、
我々が座っているのは西欧の椅子ではなく、
中国(製)の椅子(全て)であることに気が付くことなのだ。
その時、世界の文化的ヒエラルキーは逆転しているかもしれない。
フォーエバー社の出すガイドブックを手に、
京都の三ツ星レストランで舌鼓を打つのである。

コメントをどうぞ

【 デザインの価値観<ちから>プロジェクト 】報告。

先のブログで紹介しました、武蔵野美術大学木工コースを中心に、
女子美術大学、沖縄県立芸術大学、山口県立大学と共同で行なった
横浜の展覧会の報告です。

 
 
 
 
 
 
 
 
(写真は学生、作家、卒業生の作品。全て載せたいところですが、
慌てて撮ったのでだいたいボケボケ、良く撮れていた作品を一部紹介。)
1929年に第一銀行の横浜支店として建てられた、歴史的建造物である
ヨコハマ・クリエイティブシティ・センターに、
作家やデザイナーの卵達の想像と情熱が、ところ狭しと並びました。
若者のエネルギーが凝縮された様は、なかなか壮観です。
最終日には山田節子さんの特別講義があり、ぼくも聞きに行ってきました。
デザインとは、「もの」そのものをデザインすることだけではなく、
見せることや環境をつくることなど、私たちの周りにある全てはデザインされていて、
そのデザインの善し悪しを最終的に決めるのは、
デザインする者の生き方、人間性に属するとのお話でした。
パッと見によいデザインをつくることは、多くの人に出来ることかもしれませんが、
その中身まで磨き上げることが難しいのは、
人間自体ののそれと同じであり、一朝一夕にはどうなるものでもないということでしょうか。
なんとも考えさせられる講演でした。
講演の前に山田さんと話をしていて、印象に残ったことがあります。
「もうこれからは、物は売れない時代なの。」
なんとなくは分かっていることではあるけれど、
30年以上銀座松屋の売り場のコーディネイトを担当し、
日本の生活文化をつくり出し、さらに次の時代を見据えた、
その言葉には説得力というか、摂理のようなものを感じます。
しかし、だとするならデザイン、
狭い意味でのデザイナーという職業は在り続けるのかという疑問が生まれます。
デザイン(意匠)はもともとは工芸として括られていた総合的な創造活動の一部が、
近代化、産業化の中で分化したものと言えます。
「物は売れない時代」とは物が溢れてしまった供給過多と、
環境や資源といった次なる希少価値をめぐる反消費によるものでしょう。
もしくは、一部進んだ(?)人達に見られる「たるを知る」という
価値観によるものかもしれません。
産業化が行き着くところまでいき、経済構造を次の時代にシフトしなければいけない今、
デザイナーの在り方もまた見直されなければならないでしょう。
先進国における消費の落ち込みと同時に、
グローバル化によってもたらされる、消費文化、趣味、流行のボーダレス化は、
一部の企業の一商品を数千万個、億個単位で売ることを可能にしています。
「無駄」の入る隙、一切を排したコストダウンは、
グローバル化と生産・流通・売り場の一元管理を行なえない
「無駄」のある企業の入る隙を市場から排除し、単一な商品がどの国にも並びます。
これらが意味するのは、デザイナーが活躍するであろう場が急速に失われつつあることです。
物が売れなければ、物を生産できず、デザインは不要です。
冷え込んだ市場の中で一部売れている物というのは、
数千万個も売れる超コストパホーマンス良しな商品ですから、
今までは一万個も売れれば存在できた千種の商品がコスト競争に負け、
売れなくなり淘汰されたと考えられます。
一種の物が千種を淘汰するということは、(飛躍しますが)
1000人のデザイナーの仕事を1人で可能にします。
デザイナーの仕事は減っても、毎年デザインの勉強をした若者が社会人になります。
発展途上と言われていた国々でも、経済発展は教育力の向上も伴い、
消費文化の中で育ち、それを輝かしいものとする新世代が、
デザイン教育を受け、高いデザインセンスを発揮しはじめています。
グローバル社会においては、才能さえあれば国境はありません。
それ以前にでさえ、世界的に活躍した日本のデザイナーがいることを考えてみれば、
みずみずしい才能と消費社会にまだ肯定感をもてる環境を持ち合わせた
有能なデザイナーが、
中国、インド、ベトナム、タイ・・・と次々に現れてくるのは必然です。
あまりクリエイティビティを必要としないデザイン分野においては、
安い労働力を求めて、かつて生産工場をそうしたように、
海外にアウトソーシングするのが普通になるでしょう。
(すでに、コール

コメントをどうぞ