たまに考えてみる 一覧

夏だ!日焼だ!草刈だ!


夏と言えば草刈と相場が決まっておりますが、
最近では海だのリゾートだのとこぞって出かけるらしいですな。
夏だもの 行ってみたいね 熱海だね
なんてなオシャレな句の一つでも読んでお茶お濁しますかな。
海なし県こと長野の夏のスポーツといえば当然草刈です。
今若者に人気のスタイルがこの、ロングスイング型の草刈り機なんですけど。
ぼくの愛機はかなり使い込んだクラシックスタイルのものです。
草がからみやすいとか難点はありますが、
エンジンの吹き上がりなんかはまだまだ現役です。
日焼の気になる人には、麦わらスタイルが今年の夏は特にオススメかな!
エキゾチックな雰囲気がポイントだぜっ!・・・
冗談のひとつも言っていないとやってられないのが、夏の草刈、冬の雪かきです。
田舎に住む以上避けては通れない苦行、日焼がヒリヒリ痛いです。
きれいに刈ったところで、数日後にはニョキニョキ、何週かすれば元通り。
人から見るとなんとも無情、草から見ればそれが通常。
経済社会は「成長の限界」なんて言われているけれど、
草はいくらでも生長するのでマクロに見ると地球は大丈夫な気がする。
ナウシカの世界はリアルだね。
本屋に行ったら浅野いにおさんの最新作『おやすみプンプン』が出ていたので、
買って読みました。
この人のテーマってずっと一貫していて、
イジメ、ニート、リストラなど弱者に向ける視線のバランス感が好き。
誰もがいつの間にか巻き込まれている問題、被害者として、加害者として。
ぼくと同世代(たぶん25~35歳の人)なら分かるんじゃないだろうか、
この特有の「暗さ」「閉塞感」。
2005年の作品『ひかりのまち』の完成度は恐ろしい程に高く、
それ以前の『素晴らしい世界』でも描きたいテーマをはっきり持っている人で、
安易な解決策を用意しないところに引かれるんです。
最新作はそのテーマをかなり分かりやすく描き出しているので、
どうしたの?と思ったのだけれど、何か狙いがあるのかもしれないので、
続きが楽しみでならない。
ITだか戦争だか知らないけれど、気がついてみれば世は好景気。
都心じゃビルがニョキニョキと、郊外じゃマンションがニョキニョキと、
草みたいに簡単に刈れやしないから、いらなくなった物件ものび放題。
ニートやリストラ基礎にして、地震の国に建つ不自然か。
諸行無常を味わいたいなら、海行って砂の城でもつくりゃいいのに。
日本の産業リストラで、中国、インド、ベトナムと、むりくりなったか好景気。
つまらん競争に参加したくない人たちもいるんですけどね。
割を食った世代とは呼ばせない生き方を選択するしかないと思う。
今のやり方は続きゃしない、遅かれ早かれこっちを選ばざるをえなくなるのだから。

コメントをどうぞ

気持ちに整理をつけて!

ブログがご無沙汰になっていて、
見て下さっていた方には申し訳ないです。
2007年の6月はぼくにとって忘れられない月になりました。
一所懸命に追いかけても、解決できないままに次の難題がやって来てしまう。
あまりにも沢山の出来事があり、気持ちが追いつかない感じでした。
6月のブログに書いたようなすばらしい出来事や、
一生に関わる重要なできごと。
幸や不幸で言い表わせる単純な問題でなく、
運が良かった悪かったなんてもんじゃない、
待ったなしに「運命」として受け入れる以外にない。
悔やむことに意味などなく、
受け入れることができる人の所に起きるべくして起きた必然なのだと思う。
ぼくの運命、ただそう感じています。
久しぶりのくせに意味不明ですみません、気持ちに整理をつけるのに書いています。
ブログってやっぱり不思議なものです。
私的であり公であるような・・・。
6月以前ならここに書いていたかもしれないけれど、
あまりにも読んでくださる方が増えたのでもう少し考えたいなと。
まぁしかしなんですね、
ブログは続けて行きたいのであまり気負わずに今まで通り
たあいのないコトやビックリなコトを書いて行ければと思います。
今後ともよろしく。

コメントをどうぞ

Thank you for sending mail.

I was encouraged by very good comments.
Because I am too glad, some comments are copied.
—————————————————–
Hello,
First of all, let me say that take-g work is beyond words.. I have been trying to contact him for some time now, so i am glad to reach you. I understand individual sales are not availlable, so, when and where is a gallery show…… I have clamouring children that cant get these toys out of their minds, which is ok with me.
Thanks
Eric
—————————————————–
Hi Sinichi,
Thank you for your prompt reply.
Please tell you brother for me that I am very impressed by his work. I, too,
am an industrial designer who creates toys, but my designs are made by large
companies and for sale in more commercial places, like Toys-R-Us. It is a
business, not so much “art.”
The robots and creatures your brother makes are toy-like, but are true art!
The ideas are wonderful and the sensitive use of various wood tones is very
effective. The fun and playfulness of his designs really shine. Too bad I
will miss seeing his creations while I’m in Japan.
I look forward to seeing more of his work on the web.
Kind Regards,
Bob K
—————————————————–
Hi Takeji,
Thanks for the reply. I had gathered the price was high from your website initially. Or rather, not high, but more expensive than one would normally expect in our day of cheaply produced toys. I have a friend who does this sort of intricate woodworking (albiet, not producing toys like the new set), and he also demands a price that is completely appropriate to his craft.
Good luck in your future ventures, your fine workmanship will certainly take you far. I’ve subscribed to your blog and can’t wait to see the fantastic work to come!
And a big thanks to Shinichi for helping with the translation. 😉
dickie
—————————————————–
Thank you for your response. The price is high and we understand the
exceptional attention to detail of the toys that you are making. It’s very
impressive and we wish you the best of luck with your masterpieces. It looks
amazing on the photos, so I can only imagine how great it looks in real life.
Best regards,
Vitali Servutas
—————————————————–
Hello again,
Sorry, I replied before I had read the updated Blog page. That tells me some more info.
Do you know how big the figures are? I absolutely love this model:
http://take-g.com/crafts/kazuki-tsutom.html
But I’m just curious, how big is it, and how much would it cost? I would love to own it one day 🙂
Thank you, and please pass on my thanks to your brother for making such great work. I wish him the best of luck.
cheers,
-Mike
—————————————————–
hi Shinichi,
first and foremost, thank you for your response to my email enquiries.
I truly respect the artist insistence on quality and taking pride in showing
the work before buying.
I am deeply impressed with such values.
I am currently working and living in Tokyo. I just missed the exhibition
which was held at Matsuya Ginza in May.
Do you have a list of upcoming exhibitions and the locations? I would
definitely love to visit the exhibition if it is in or near the Tokyo area.
Please let me have some information.
Thank you
Joe
—————————————————–
Thank you very much.
Takeji
以上は色々な国からの、とくに励まされたお返事です。
「take-g work is beyond words」(テイクジーの作品は言葉を超えている)
このコメントを見た時、ハッとしました。
言葉も国境も作品達には関係ないんですね。
こんな作品をつくっていなかったら、
人生の中で何の接点も持てなかっただろう人からの言葉に、
とても感動してしまいました。
何とも不思議なことですね。

今日もまだデンマークや中国の会社から引き合いを頂きました。
海外のサイトではtake-gをけっこう大きなメーカーと思っているみたいなんです!
実は六畳二間の古アパートの小さな工房なんですけどね。
ちなみに、住んでるとこもこれと同じです。
このギャップ、なんか笑えます。

コメントをどうぞ