作っている途中 一覧

高社山、作り途中。

ようやくここまで来ました。
長かったし、今回はとくに重かった。
今までで一番大型の作品を作りたいので当たり前なんだけど、重い。

中野市の関係施設で作品の完成発表の展覧会を開いていただけることとなり、
より急ぎで作業しなければならず、早起き、休みなしで仕事をしています。
ずっと集中して作業をしていたので、途中体力の限界がきているのに気がつかず、
倒れかけました。

今まではどんなに忙しくても、そんなことまではならなかったのだけど、
材料の大きさと重さにじわじわと体力を奪われていたようです。

とはいえ、大型の作品を作れるチャンスをくれた方々の期待に応えられるように、
最後まで集中していきますよ!
この大きな寄木の塊を削り出すのはさぞ楽しかろうと、ニヤニヤしながら頑張ります。

DSC_0010

DSC_9033

まだ蝉の鳴く頃です。「冬前」は材料の使用場所です。

DSC_9049

DSC_9208

DSC_9230

DSC_9237

DSC_9248

うちの工房の機械では少しはみ出ます。幅広の手押鉋盤が欲しいですね。

DSC_9306

幅広の材は製材中の木の反りに注意です。作業の手順を考え、
同じ材料を連続して加工しないようにしています。

DSC_9318

DSC_9382

DSC_9391

DSC_9399

図面通りに厚みが取れるか微調整。

DSC_9506

DSC_9533

チークの厚板、重いです。

DSC_9545

徐々に寄木していきます。

DSC_9608

DSC_9616

上の板はパドックという比重が高い木なのですが、
やたら重いなぁと、ウォールナットと貼り合わせた状態で計ってみたら、
これだけで26キロもあり、この先が思いやられました。

DSC_9626

けっこう山っぽくなって来た。

DSC_9669

無理に元気を出しているさま。この後倒れかけます。

DSC_9669

ここからは一人で材料を動かせなくなります。

DSC_9851

電気ポッドのようなものは加湿器です。
大きな面を寄木する時には、ボンドの乾きを遅くするために工房の加湿が欠かせません。

DSC_9854

ここまで来て、寄木がズレたら大変です。慎重に。

DSC_9880

綺麗だぜ。

DSC_9889

ちゃんと図面通りに収まりました。

DSC_9899

最後の圧着に向けて、ダボ穴開け。木くずがそれぞれの木の色ですね。

DSC_9971

さぁ最終コーナーです。渾身の力を込めて・・・、手の平は豆だらけです。

今年度末、完成予定です。

コメントをどうぞ

高社山をつくる。

随分と更新してなくてすみません。
昨年末にパソコンを新しくしたのですが、
どうもmacの「写真」ソフトがうまく動かず、というのが主な理由です。
どうやら外付けのハードディスクとのつながりが悪いというとこまでわかったのですが、
また出費か!と、でもって買ったら本当に調子良くなるの?と躊躇の日々です。
まぁ、買わなきゃダメよね。

DSC_5814
(工房北側に見える高社山、2月くらい)

さて近況としましては、この夏の暑さにも負けず制作の日々を送っています。
昨年の展覧会終了後すぐに、
私の住んでいる中野市からとても嬉しいお話をいただきました。
中野市の新市庁舎に置く作品の依頼です。

中野市では数年前から若手の美術家を応援するために、
作品を購入する事業を行なっているそうです。
私の展覧会を観てくださった選考委員の方の推薦で、
当初は何か作品をご購入いただけるとの話だったのですが、
『北信五岳まみくとい』がいいですねという話から、
せっかくだから中野市を代表する山である
「高社山(たかやしろ)」をモチーフに新作を作る話にまとまって行きました。

中野市は今年の春に新市庁舎が建ちました。
新市庁舎は中野市産のカラマツを随所に使ったモダンな内装で、
その開かれた空間に置かれることを想定して、できるだけ大きな作品が作りたい!と思い、
制作期間や予算等、検討を重ねていただき、春頃に依頼が決定しました。
作りたいとなっては動かずにはいられないので
昨年末からスケッチやモデル作りを進めていたので、
今はすでに製材から寄木作業に取り掛かる段階まで来ています。

DSC_7216
(縮小して作ったモデルでも大きいですが、実際はさらに大きいです)

DSC_7226
(モデルがこれ以上大きいと、重すぎて図面に書くことができなくなるね)

今回の作品は、初めて個人の方以外に収める作品となることと、
初めての注文作品となるので、色々勝手が違います。
僕が今まで注文は受けませんと言ってやってきたのは、
作品を作る時はいつも新しいことに挑戦したいので、
良い作品ができるかわからないからです。

作品の主体となるのは作家であり、
作家が今できる精一杯の表現と技術で作り上げたものを、
もし気に入ってくださるなら手にしてくださいというのが、自然な気がします。

その作家の作品ならなんでも欲しいと思われるような作家はすごいと思うものの、
作品より作家の存在が大きくなってしまっています。
行き過ぎると制作の過程のスケッチや落書き程度のものにまで
値段をつけてしまったりして、もうそうなると作品を観ているとは言えません。

出来上がる前から作品に値段がつくということが
受け入れられなかったのもそんなわけなんですが、最近少し考え方が変わってきました。
作品を作ることと観客(ファン)がいることは両輪であって、
作品の主体は作家だけではないと感じるようになってきています。

当たり前のことにようやく気付いたか!という感じなんですが、
「北信五岳まみくとい」は飯山市美術館からの作品展示の依頼により、
主な観客である飯山市(長野県)のみなさんに感じてもらうためにと考えました。
観てくださった飯山市のみなさんの反響を聞くと、届いていることがわかりました。
そして、「北信五岳」を知らなかった県外の方にも
ちゃんと届く作品になっていることもわかりました。

「高社山」は中野市民なら知らない人はいませんが、
日本国民からすると知っている人の方が少ないと思います。
今回高社山を多方面から観察し、山に対する信仰や歴史についても調べて、
「高社山」がいかに中野市の成り立ちや現在の暮らしに
深く影響を与えているかを知りました。
おそらく日本中には当地の山を背景に成り立つ暮らしがたくさんあり、
山以外にも海や川や湖を背景に暮らす人々がいて、
あまり知られていない山や川や海岸でもその土地では
「富士山」や「琵琶湖」より重要なのだろうと思います。
この思いを作品にこめられたのなら「高社山」を作ることで、
多くの人に届く作品になるかもしれないと思います。

まぁ、何しろ注文作品というのは、
絶対によい作品にしなきゃならないのが大前提なんで、
プレッシャーが半端ないです。

コメントをどうぞ

牛久自然観察の森。

先週末に茨城県牛久市にある「牛久自然観察の森」に行ってきました。
この日は施設内で育った木から「木のおもちゃ」を作るために、
材料となる木を切り倒すことになりました。

DSC_5504

「牛久自然観察の森」内には針葉樹や広葉樹の様々な樹種の木が育っています。
その中で、施設内の畑の南側で育った山桜の木が大きく育ち、
畑に日陰を作ってしまうことから、今回材料とすることが決定しました。
偶然ではありますが、まだ桜の木で「ベイビーベア」を製作していなかったこと、
山桜の赤みを帯びた優しい色が綺麗であることから、樹種の選定としてもバッチリです。

DSC_5168

写真の「ベイビーベア」は2017年の「もくもくすくすくプレザント」で栗の木(左)から、
2016年のケヤキの木(右)から生まれた木のクマです。

DSC_5176

根元から少し上がったところで二股に別れているので、木の家具の材料には少し細いですが、
木のおもちゃであれば十分な材料になりそうです。

DSC_5062

離れて見上げると、根元の太さのイメージよりも随分高く成長しています。

DSC_5170

切り倒される直前に少し雨が降ってきてしまいました。
いよいよ山桜の命をいただきます。

DSC_5245

まず倒す方向に対しての山桜の前方に「受け口」を入れます。

DSC_5276

次に後ろから「追い口」を入れていき、
畑の空いている場所に確実に倒れるように、ワイヤーをかけて引っ張りながら倒します。

DSC_5277

みしみし…と、音を立ててゆっくりと倒れ始めました。

DSC_5279

倒れる瞬間、目の前で見ているとかなり迫力があります。

DSC_5289

DSC_5334

DSC_5298

幹の周辺部分が白っぽいのがわかると思います。
「白太」と呼ばれる部分で、材料としてはできるだけ避けたいところです。
材料として使える中心は「赤身」と呼ばれます。

DSC_5313

倒してみると、これだけの枝を一本の幹で支えていることに驚かされます。

DSC_5299

DSC_5349

DSC_5374

DSC_5382

DSC_5387

色の濃淡があり、とても綺麗な印象です。

DSC_5403

DSC_5402

夕暮れには雨が雪に変わった寒さの中、この山桜の花の芽はもう膨らみ始めていました。
この芽が花びらを散らすことはありませんが・・・。

DSC_5417

チェンソーが挟まっちゃいました。
山桜の木も一矢を報いてきましたね。

DSC_5455

DSC_5108

咲かなかった桜に変わって山桜のクマが生まれるならせめてもと、思いたいです。

DSC_5129

さて、牛久自然観察の森は、
環境庁が昭和59年度から5ヶ年間の補助事業として実施した
「身近な自然活用地域整備事業」で整備された施設だそうです。
良好な自然環境である里山としての平地林の保全、
利用者が自然とふれあい親しむことのできる施設として誕生しました。

DSC_5139

2011年の東日本大震災に伴う原発の事故の影響から、
室内でも自然の観察や森に親しむ施設へとリニューアルし、
施設内の水辺の生物を観察できる美しい水槽と、
沢山の木のおもちゃが集まる「木育広場」がつくられました。

DSC_5147

DSC_5462

観察の森を案内するネイチャーセンターの機能を残しつつ、
室内でも自然と触れ合える施設に見事に生まれ変わっています。

DSC_5468

DSC_5466

DSC_5485

全国から選りすぐられた、ここでしか遊べない木のおもちゃも数多くおかれ、
来た甲斐のある場所になっていると思います。

DSC_5475

「take-g」に影山が加わってから、
国産材や県産材を利用したおもちゃを作り、地元に根ざした物作りを進めてきました。
手の届くすぐそこの森に木が余っているのに、
輸入材を使うという木工の矛盾を少しでも変えれないものかと、
できることから少しづつ手探りでやっています。

小さな声でも、とにかくあげてみるものだなと思います。
前々回の僕の個展を牛久自然観察の森の職員の方が見にきてくれて、
「テイクジーズー」を施設のために購入していただきました。
そして、去年の飯山市の展覧会に別の職員の方がきてくれて、
「もくもくすくすくプレゼント」のことを知っていただき、
今回の企画につなげてくださいました。

木のクマになる材料を、立ち木を切り倒すところから関わることは、
影山も僕も当初からイメージしていましたが、そう簡単ではないと思っていました。
美術館での展覧会が開催できた時も思いましたが、
強く願って行動していれば、必ず叶うんだと思います。
まだ始まったばかりの企画ではありますが、
僕らの夢を叶えてくれた牛久自然観察の森の皆さんには心から感謝します!
この山桜は、必ず「美しい」クマに生まれ変わらせますので、ご期待ください!

コメントをどうぞ
1 / 35 pages12345678910...last »