2010年01月 一覧

工房引っ越し、そしてヤツが来た。

少し前のことですが、
いつもお世話になっている機械屋さんの手をかりて
木工機械の大移動をしました。
天気はあいにくの雪、
足場も悪かったので、想像以上に大変でした。

 


うって変わって晴天の先日、ついにヤツが!
茶色に塗られたヤツがやってきました。



窓枠にぶつけないように、慎重に運び込みます。
そんなに大きな機械ではありませんが、500kg近くあるので、
もしものことがあれば、大変です。
ベテランの機械屋さんの指示のもと、あれこれ工夫しながら運び込まれます。


じゃ~ん!
カッコイイ!カッコよすぎる。
ヤツとは横切盤のことです。

横切盤は材料を正確な長さに切断する、もっとも基本的な機械のひとつ。
この機械の精度がいいと、仕事の効率は格段に上がります。
ただ便利ではあるけれど、もっとも怪我の危険が多いのがこれ。
大きな刃物が高速で回転しているので、
怪我と一口にいっても、この機械での怪我は指を失うことを意味します。
ぼくはいまだに、この機械の前に立つ時は、
パンッと手を打ったりして集中するようにしています。

今まで使ってきたものは、切断できる厚みが小さかったり、
精度が今ひとつだったりと、不満がいくつかありました。
工房を新しくした勢いで、
清水の舞台から飛び降りたつもりと言うか、飛び降りぎみに、
買ってしまいました。
刃の回転や、スライドの動きがスムースかつ静かで、
スイッチ周りも工夫があり、安全に作業ができそう。
切削面も奇麗で精度よく、思っていた以上にいい出来です!

木工機械と言えばたいがい緑色なのですが、
機械屋さんが、機械の色は好きにできるよというので、
工房の外壁の色に合わせて(なぜ?)、茶色にしてもらいました。
チョコレートみたいでおいしそうで、気に入りました。
間違いなく一生の付き合いになるので、仲良くやっていこうと思います。



もちろん以前からの機械たちも現役です。
新しい工房に、おじいちゃんな機械が整然と並びました。
天窓からキレイな光が差し込み、とても気持ちのよい空間。
ぼくにはもったいないような、すばらしい工房になりました。

去年の年末からバタバタと引っ越しに追われてきましたが、
ようやく工房の機能がととのった感じで、通常の作品づくりに集中しはじめています。
新しい工房に負けないよう、いい作品をつくっていきたいと思います。
コメントをどうぞ

あけまあして。

あけまして、おめでとうございます。
年末年始は引っ越し作業に追われて、あまりお正月気分ではありませんが、
ひっこして、おめでとうございます、です。
トラ猫の手も借りたい忙しさとは、まさにこのこと。
ウチのトラ猫もよく働いてくれて、お疲れさまでのびています。

 

新居の窓の向こうに見えるのは、なんと!新工房です。
こちらの引っ越しにはまだ数日かかりそう。
大きな機械は移動したのだけれど、セッティングに意外と時間がかかってます。
工房を開いてから10年間、
少しずつ増えてきた機械と道具を元の通り使えるようにするのは、
すぐにはムリかな~。
だいたいにして、早く新作の続きがしたいと焦っております。
初詣は歩いて3分の日野神社へ。
雪の降る中、白く清められた参道が気持ちよいです。
去年お願した「よい家が建ちますように。」の願い事は、
100%以上叶えられ、
ぼくにとって世界一素敵な家が建ったんじゃないかと思います。
ちょこちょこ紹介していくとは思いますが、
お近くにお越しのの際にはぜひ見に来て下さい。
今年の個展は東京で3月です。
そして7月にはフィンランドでグループ展。
その後、アメリカで個展予定と・・・、
あ、正月気分どころじゃないと、改めて汗、焦、汗、焦。
新しい年、新しい工房から、よりよい作品が生み出せるようがんばります!
今年もよろしくお願いいたします。
コメントをどうぞ