『新技芸』展、前編。

11日から14日の日程で、
上海で開催される「新技芸」展に参加するために中国に行ってきました。
「新技芸」展は中国の大学を中心に、
日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、イスラエルの大学などなどの、
若い教員や若手作家の工芸作品を、集めた展覧会です。

日本からは、東京芸術大学、金沢美術工芸大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学が参加し、
武蔵美からは、吉野郁夫さんと僕が作品を出品しました。
さらに各大学から1名が、開会式とシンポジウムに招待されるということで、
初めて中国へ行くことになりました。

DSC_0442
11日は、羽田空港に朝6時半集合で、8時半の出発でした。
時差1時間で、現地時刻10時半に到着、
日本からの参加メンバー4名と話していたら、あっという間に着きました。

DSC_0447
上海の空港に着くと、曇り?と思いましたが、
どうやら大気汚染のようで、モヤモヤとしていました。
日本に帰国後、やたら咳がでるなぁと思ったら、
疲れもあってか熱まで出てダウンしてしまいました。
大気汚染と関係ないかもしれませんが、気持ちもモヤモヤしますね。
さて、空港ロビーに迎えの方が来ていて、車で1時間ほどの上海の中心部に向かいます。

DSC_0462
ホテルに着くと、ロビーに新技芸参加者のブースが設けられていて、
中国側の熱の入れようが伝わってきました。
ちなみに今回の日本参加者の旅費や滞在費は、すべて中国側が持ってくれています。
日本からだけでも7名が参加していて、世界各地からも出品者を呼んでいることを考えると、
大変なことだな〜と、中国の経済力を感じてしまいます。

DSC_0536
11日午後はフリーということで、みんなで観光に出かけました。
どこもかしこもモヤモヤしていますが、ここは上海らしい場所のようです。

DSC_0525
一緒に行った日本からの参加者が、すでに国際色豊かで、
左から、イラン人のサブーリさん(東京芸大卒)、アメリカ人のマギーさん(東京芸大院生)、
そして僕で、写真を撮ってくれているのが東京芸大の三神慎一朗先生です。
多摩美術大学の先生は残念なことに授業があるそうで不参加。
金沢美術工芸大学からの参加の先生たちにはこの後お会いしました。

DSC_0528
上の写真の対岸は、古い建物で、川の両岸での対比を楽しむ場所のようです。
結構暖かじゃんと、薄着でホテルを出た僕と三神先生、川の風が寒くて後悔しました。

DSC_0593
2日目は、ホテルから徒歩で5分くらいの会場で開会式に参加しました。

DSC_0748
東京芸大の三田村教授、金沢美工大の前田学長、
イギリスや韓国、中国の各大学の学長などが挨拶をしました。

DSC_0734
この様子なんで、いかに大きなイベントであるかがうかがえます。

DSC_1081
会場入り口に参加大学が書かれていました。
すべての参加国が明記してあるわけではなさそうですが、いろいろな国がありますね。
ちなみにアメリカは日本では「米」ですが、中国では「美」と書くそうです。
二列目に武蔵美の名前がありますが、「術」という字は「木」「、」の略字で書くのですね。

DSC_0780
今回の展覧会の主催が「清華大学美術学院」で、承催が「上海工芸美術職業学院」です。
この会場は清華大学が今回の展示のために買った場所だとかで、
中国の大学のサイフは計り知れないです。

DSC_0768

DSC_0812

DSC_1038
どうでしょう?パっと見た会場の最初の印象は、
中国らしさとか国際色豊かといった雰囲気をあまり感じないなぁというのが正直な感想でした。
日本でいうと、日展や日本クラフト展のような雰囲気でしょうか?
これは後に色々な方から聞いてわかったことですが、
この雰囲気はおそらく「東京芸大的」と呼ぶのがよいかもしれません。

DSC_1107
芸大の三神先生の作品。

DSC_1191
清華大学で研究をしている日本人の三田村さんの作品。

DSC_1162

DSC_1150

DSC_1194
金沢美術工芸大学の高橋先生の作品。

DSC_1152
多摩美術大学の長谷川先生の作品。

DSC_1306

DSC_1231
芸大の青木宏憧先生の作品。

DSC_1330
清華大学の潤福先生の作品。

DSC_1048

DSC_1050
いつも通りの僕の作品です。

DSC_0763
基本自分が写真を撮っているので、
僕が写っているのは記念撮影になりますね、家族写真でもそうですが。
とても立派な加湿器(写真右)がいくつも置いてあり、作品のケアはとてもに良さそうです。

すごい作品が目白押しでしたが、
写真が綺麗に撮れていたものだけ一部の作品を並べさせてもらいました。
作者の名前もわかる方だけ書かさせてもらいました。
なんとなく雰囲気がわかってもらえるでしょうか?
いろいろな国の先生や作家が参加しているのですが、
聞いてみると東京芸大に留学経験のある方が多いようです。

なぜ、先ほど「東京芸大的」工芸の雰囲気があると言ったかというと、
ちょっと難しい話になりますが、
中国における「工芸」という言葉や概念は日本から輸入したものなのだそうです。

日本の「工芸」の概念が形成されたのもそれほど古いことではありません。
「工芸」の概念は日本の近代化=西洋化と工業化によって形づくられていきました。
明治以前には、美的な「もの」たちは混沌として特に呼び名がありませんでした。
明治時代に西洋化の中「美術」(1873年)という言葉が美的な「もの」たちに与えられました。
その後「美術」の純粋化により、観るだけの「もの」として「絵画」「彫刻」が「美術」になり、
余った「もの」が「工芸」となりました。
また、明治の一時期に輸出工芸として花開いた「工芸」でしたが、
日本の工業化(1890年頃)に伴い「製品」が「もの」の中心になってくると、
その座も輸出製品に明け渡していきます。

ですから「工芸」は、
表現性を高めようとすると「美術」に接近してしまい、
実用性を高めようとすると「製品」に接近してしまって、
立ち位置が常にグラグラとした存在のように感じます。

明治から大正のできたての「工芸」には、
表現に迫った「美術工芸」、柳宗悦が美の標準を求めた「民藝」、突き詰める「デザイン」、
技芸を評価する「伝統工芸」、後に北欧からやってくる「クラフト」などの概念を含む、
多様性を包み込む力がありました。

これらの細かな「工芸」の概念形成の過程で、特に「美術工芸」の分野は、
高村豊周らによる東京美術学校(現東京芸大)の作家の果たした役割は計り知れません。
世界に類例のない「美術工芸」という分野を作ったのは、
岡倉天心から始まる東京芸大の歴史であると言ってもいいのかもしれません。

さらに「美術工芸」の分野を「工芸美術」と語順を変えて導入していった学校の一つが
中国の清華大学美術学院だそうです。
中国における「工芸」という概念が日本から輸入される過程には、
東京芸大の先生や、芸大に留学生としてきた後に中国で先生になっていく方の関わりが深く、
「東京芸大的工芸」が中国の「工芸美術」という分野を形成していると考えられます。

明治の文明開化の折に、西洋近代美術を「文化」のお手本にした日本の「美術」から、
漏れ残った「工芸」というの概念が、ある価値を持って中国で受容されたのなら、
それはまことに結構なことだといえます。
ただし、中国の受け入れた「工芸美術」という概念は、
「美術工芸」という狭義の「工芸」であるかもしれないと感じました。
なんとなく僕が感じたこの展覧会の独特な雰囲気が、
中国の「工芸美術」全般のものなのか、この展覧会だけで分かるはずもありませんが、
率直な感想として覚書しておこうかと思います。

まぁ、全般の感想としては中国勢いとまんね〜!というのと、
芸大の影響力はんぱね〜!ということでした。
とにかく3泊4日の旅行中、ず〜と工芸や美術の話をしているという、
楽しすぎる旅になりました。

後編に続きます。

What do you think of this post?
  • like (17)

福助、表紙を飾る!?

誰やね〜んて、ワシやね〜ん!誰やね〜んて、ワシやね〜ん!
あのやで、あのイギリス発のグローバルライフスタイル情報誌『Wallpaper*』の表紙をや、
ワシやね〜んが飾ってしもたで、てへへ。
あ、ワシ?、・・・誰って?
ちょっとあんた、誰やね〜んて、福助やがな!グローバル福助やで!

DSC_9866

や〜ワシめっちゃ凛々しいやん、
「ワシ」ってキーボード弾くと、「ワシントン」って予測変換されるくらい凛々しいやん。
なんやねん、このグローバルなたたずまい、めっちゃグローバル福助やな。
そもそもあれやで、
『Wallpaper*』の表紙飾った日本人てワシが初めてちゃう!お初ちゃうの!?

「あのー、お喜びのところ申し上げにくいんですけど、
グローバル福助さん、ちょっと落ち着いてくださいね。」

なんやねん、中川、あんたも喜んでええんやで、遠慮はいらんで。

「いやね、よく見てください表紙の文字、
『Wallpaper*』じゃなくて『Smallpaper*』じゃないです?」

DSC_9873

「ほら、『Wallpaper*』の表紙はこういう感じみたい。」

えッ、なんなん、どうしたんこれ?誤植かな?誤植なのかな。

「誤植じゃなくて、『Wallpaper*』誌の中に『Smallpaper*』という子供向けの特集を、
子供向け『Wallpaper*』が発行されたように見えるように作ったみたいね。
まぁ、洒落ってことだろうね。」

なんでやねん、なんでやねん、ワシはるばるイギリスまで行ったんよ、
はるばる山こえ谷こえ海こえて、幾千の危険を飛行機でひとっ飛びでいったんよ、EMSやけど。

DSC_9852

まぁ、でもええか、ワシ洒落好きやし、
福助の服スッケスケや〜ん、いや〜ん!、みたいな、服だけにお洒落な駄洒落、すっきゃねん。
まぁ、ワシくらいのお洒落さんやないと、『Wallpaper*』に載れへんしな、
なにせグローバルライフスタイル誌やもんな。

「へ〜、『Wallpaper*』ってそんなにすごいの?
なんとなく大学の時に図書館で見たような気はするけど・・・」

はぁ〜?、何言うてくれてんねん、『Wallpaper*』知らんて、
どんだけうといねんっ!どんだけトレンディちゃうねん!
『Wallpaper*』いうたら世界のお洒落が集まる、今のトレンディの最先端やがな。
せやからワシのようなお洒落さんが日本からEMSクラスに乗って、わざわざ呼ばれるんやないか!
トレンディやぞ、こっちとらダブル浅野やぞ、ダブルやぞ、もちろんスーツもダブルやねん。
ポケベル、PHS、ケータイ、スマホときてんねんぞ、
あんたはいまだにケータイも持ってへんて、いったいどこで乗り遅れてん。

「どこって、特に必要と思わないから。」

はぁ〜、いわんこっちゃない、表現者としてそれでええんか!
時代の空気捉え、流行の波の少し前に、流れに乗って見せるんが、表現者たるゆえんやで。
あんたはなんやねん、どんだけ乗れへんねん。

「う〜ん、なんか違うかなぁ、表現者にもいろいろあるけど、
僕としては流れの波に乗るというより、流れの波じたいを起こしたいというか、
さざ波でもいいんで、違う流れを作ってみたいなぁと。」

なんやねん、なんやええこと言うやないか、ちと偉そうやけど。

DSC_9838

せやな、自分の波を起こすか・・・、ええやないか、マイウェイならぬ、マイウェーブやな。
あ、ええぞ、ゴーイングマイウェーブ!とか、マイッウェ〜〜〜〜ブ!とか、
起こせさざ波マイウェーブ!漕ぎ出せ君だけのマイウェーブへ!、
ええやん、こら流行るで〜、流行語大賞やも!

「だから〜、福助はすぐ流行とかいいださないの。
でもなんか『起こせさざ波マイウェーブ!』は聞き心地がいいね。」

せやろ〜、ワシ、センスあるやろ。
さぁさぁさぁ、小さな波なら誰でも作れる、
小さな波がいつかは大波、時には起こせよムーヴメントや!めっちゃトレンディやん!
起こせさざ波マイウェーブ!忘れんといてやっ!
ワシもSmallpaper*からBigウェーブ起こしたるで。

DSC_9836

「テンテケとテケテケ」も特集の中の方で紹介してもらっています。
『Wallpaper*』の方々とBenjaminとChuに感謝です。

What do you think of this post?
  • like (24)

福助祭りが終わりました。

10月10日からの9日間の個展を無事終了することができました。
今回の個展を終え、実感していることは、
自分の作家活動は多くのファンの方たちに支えられているんだということです。
特に初日にお並びいただいた方たちは、
ほとんどの方がすでにお顔を拝見したことのある方たちでした。
「また来ました!」「楽しみにしていました」の声に、
作家を続けてきたことの喜びと、
作家を続けていくための勇気をいただきました。

DSC_8959

さすが体育の日を含む週、秋晴れの青い空です。

DSC_8955

DSC_9188

DSC_9175

母がお茶にするためにナツメを干していいて、興味を持たれる方がたくさんいました。

DSC_9177

DSC_9206

個展の後ろの土曜日に信濃毎日新聞に個展の様子を記事にしてもらったおかげで、
最終日までたくさん方に足を運んでいただき、嬉しかったです。

DSC_8875

初日に特大福助以外は完売となり
「わし以外おらんねん、ほんますんまへん・・・」と謝っている特大福助です。

DSC_9223

今回一番最初に「完売しました」の札をあげた豆福助、かわいいやつです。

DSC_9211

DSC_9219

元祖ふるふる福助、変わらぬ人気者。

DSC_9224

扇子を斜めに構えるセンスがナイス、
大福助は「もう福助は持ってます」な常連さんに人気でした。

DSC_9216

さすがの貫禄、特大福助。
このウォールナット裃の特大福助は、
長野県人なら誰でも知っている小布施のあの銘菓の老舗に貰われていきました。
「ワシ歴史の中でも有数のオオダナや、せっせと福呼ぶで〜!」
と別れ際に福助が言っていました。

DSC_9243

福助以外もいましたよ。

DSC_9255 (1)

江戸町火消しも変わらぬ人気で、初日で終わりました。

DSC_8992

DSC_8768

キーペットとコケシスター、たくさん用意したものの2日目で全て嫁いでいきました。

DSC_9261 (1)

個人所蔵作品をお借りしまして、二階に展示していたのは『ニッチモとサッチモ』です。

DSC_8782

『ニッチモとサッチモ』の仲間『シノとゴノ』のシノがご主人様に連れられて、
里帰りしてきました。
元気そうで何より。ちょっとした帰省。作り手としては嬉しいものですね。
娘を持つ父としては、いつの日かの娘の帰省を思い・・・。すこし切なくもあります。

さて、個展を自分の予想以上の大成功に終えることができたおかげで、
次の目標に向けて全力で取り組めます。
個展初日の挨拶でもお伝えした、
2年後に予定している隣町の飯山市美術館での展覧会に向け、準備を始めます。
作家として美術館で個人の展覧会を開いてもらえることは、大きな目標でした。
自分の今までの作品に向き合い、今できる精一杯の仕事をぶつける最高の舞台です。
2年後の僕は39歳になっていますので、
作家活動をざっくり前期中期後期とするなら前期の総括にできるかなと思っています。
大学で木工を専攻した時から数えるなら、20年ぐらい経ちますから、
中期に差し掛かっているかもしれませんね。
今までの作品は誤魔化しようもなく、積み上げてきたものを問われますから、
新作を通して今の実力とこれからの可能性を感じてもらえるものにしなければと考えています。

展覧会にあたり過去の作品をお持ちの方で、
特に通しのナンバーが入っている作品をお持ちの方には、作品をお借りしたく、
展覧会が近くなった頃に僕か美術館から連絡があると思います。
皆さんのご協力なくして成り立たない展覧会ですので、
ご面倒をお掛けするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

DSC_9259 (1)

最後に、福助が皆さまに感謝の気持ちを込めてお辞儀をしますので、ご覧ください!
「ワシのお辞儀はめっちゃ福呼ぶで〜、ほなポチッとな〜!」

What do you think of this post?
  • like (27)