クランプいっぱい。


これはクランプという道具です。
テイクジーではクランプは種類の違う木を張り合わせたりはめ込んだりと、
寄せ木と呼ばれる作業に使います。
はり合わせる面に接着剤を塗り、クランプで材料を挟み込んで圧力をかけます(圧着といいます)。
ピッタリと隙間が出来ないようにするには地味ですがこの作業が大事です。
寄せ木作品が中心のテイクジーの工房にはかなり沢山のクランプがありますが
いまだ足りない時があります。
たとえば、

こんながんじがらめな時で数十体まとめて作る時などは、
クランプは幾つあってもいいなぁと思います。
この状態で半日以上(気温、湿度、接着面積で変化)は置いておくので、
朝1回、夜1回、3日で終わるなとか計画を立てながら、
他の作業と平行して進めていきます。
計画表は作りますが、だいたいその通り行かないので
僕の頭ががんじがらめになっています。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ