矛盾の山積み

今日の新聞の写真を見て、頭がクラクラした。
何だろうこの変な感覚は?
記事は核実験の追加制裁として輸入・入港を禁止するとのこと。
写真はあの国の船に何やら沢山の物を積んで、日本から最後の出港をするところらしい。
何が積んであるんだろう?
よく見てみると横に寝かされた自転車が、うずたかく積まれているものだった。
余りの多さに、それがそれと分からない程で船から溢れてしまいそうだ。
パンクしたりサドルにビニール袋が被せてあったりと
放置、盗難自転車なんかなのだろう、
つまり使えるけど「日本ではゴミ」ということか・・・。
他にも中古タイヤや中古家電など、明らかに過積載だと思うぐらい山積みされている。
日本のリサイクル店などでは扱えない、「日本ではゴミ」の山積み、矛盾の山積み。
1円でも安く作るために海を渡ってきた大量の自転車がまた海を渡る、
これがグローバル化の実態ですか?・・・
ふと変な感覚が、
?・・・えっとどちらに対する制裁なんだっけ?一瞬分からなくなる。
リサイクルやエコなんて言葉で、夢の島行きをのがれた「ゴミ」たちは、
あの夢見る国で活躍しているんだろうか。
きっと半分くらいほんとうにゴミなんじゃないか。
こんなにも沢山の「日本ではゴミ」を他の国へ押し付けて、
それを禁止する事を経済制裁というのはどんな思い上がりだろうか。
その事に無自覚だとしたら、日本はなんて貧しい国だろうと思った。
ぼくら(先進国)の矛盾を押し付けた国が
矛盾だらけに見えるのはあたりまえじゃないだろうか。
経済的に貧しい国がプルトニウムを買って核保有を目指す矛盾と、
豊かさ(消費活動)を維持するために「ゴミ」を売りつける矛盾を、
あの船に山積みされた矛盾が象徴しているように思えた。
矛盾を過積載したまま船は出港するのことができただろうか?
この制裁の結果行き場を失った「ゴミ」は他の裾野の国へ行き先を変えるんだろう。
目の前の「ゴミ」が消えれば、スッキリした顔で「美しい国」を目指せますか?

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ