Pananaさんへ


(今日のオニフスさん、少し大きくなりヒビみたいなのがでてきました。)
さて本題です、今日は昨日『子供とおもちゃと障害と』
Pananaさんがくれた質問の答えをここで書きたいと思います。
(考えさせられるいい質問だったのと、長くなりそうなので)
質問は僕が紹介したマッチングおもちゃの「キーナーメモリー」に対するものです。

(「キーナーメモリー」キーナー社 輸入元/アトリエ ニキティキ、写真はHPより)
 
>類似品にセレクタ社のものとか、色々ありますけど、やっぱり、
 キーナ社のものが図案的にもいいんでしょうか?
 好みでしょうか?
原型がキーナ社のものかは分かりませんが、確かに類似品の多い商品です。
より安価な類似品が並ぶ市場の中で、
キーナー社のシンボルとして20年以上同じ絵柄で作り続けられている事実からも、
わかりやすい絵柄や色使い、絵の種類などが
子供にも大人にも支持されて来たことが分かります。
好みか?と言われるとそうなのですが、
言語を習得し概念を形成する(例えば、ネコと言う言葉を見たり聞いたりした時にある特定の
「ねこ」(実物やイメージ)を思いうかべることが出来ること)大切な時期に見る
抽象化されたイラストなどは、できるだけ美しいものであって欲しいと思います。
どうしてもスイスぽっさ?はあるので、僕としては絵本作家の五味太郎さんが、
もう少し日本の暮らしに即したものを描いてくれたらいいのになぁと思ってます。
>おもちゃ図書館では購入していないのですが、おもちゃを選ぶ時、毎回、こういうの  
 どうかな~とは思っています。
 ただ、保健センターに類似品があるのですが、それを使って遊んでいる子を見たこが 
 ないのが、躊躇している理由です。
 
 子供はそれでずっと遊んでいるのでしょうか?
 やはり、療育的に横に座ってこえかけしながらでないと遊ばないのでしょうか?
 
 それしかないと、きっと遊べると思いますが、たくさんあるおもちゃの中では 
 どうかな、と思います。
この質問はテイクジートイズにとっても本質的で、難しい指摘です。
おもちゃ図書館がどんな場所であるか正確にわかりませんが、沢山のおもちゃがあれば、
大人の僕でもとりあえずあれもこれも遊ぼうと思って、好奇心はあっても
分からないもおもちゃの遊び方を考えている暇はないんじゃないかなと思います。
今のように安易なエンターテイメントが日常化している中では、キーナーメモリーや
テイクジー・ブロック、ズーなどの相対的に些細な遊びは選ばれない可能性は高いと思います。
(もちろん些細な豊かさだと信じてはいますが)
あくまで相対的なものだと思いますので、
もしおもちゃ図書館や保健センターにテレビが置かれ人気アニメが流れ出したら、
ほとんどのおもちゃが活躍することはないと思います。
分かりやすくてより刺激のある物に目が行くのは、大人も子供もいっしょですから。
余談ですが僕はテレビのない家で育ちました。
その上買ってもらったおもちゃは、謎のH型をしたブロック玩具だけでしたから、
あり余る時間を(今思えば)兄と一緒にそのブロックで何年もよく遊びました。
憶えているのは兄のつくるロボットが上手で、どうにか真似しようとしていたことです。
どうやってもつくることが出来なかったのですが、
それもそのはず兄は自分でブロックのパーツを改造して使っていたんです。
その手があったかと僕も削ったり、くっ付けたりと新パーツをつくりました。
(やっぱりその延長が今ですかねぇ?・・・今じゃ全てのパーツをつくってます、
28ですがロボつくってます・・・。)
兄はこのブロックの許容できる遊びの範囲を超えてしまったわけです。
開発者の想定する遊び方では面白くなくなってしまったんですね。
大げさに言えば大人の想像の範囲を子供が越えてしまったと言えます。
もしこのブロックがもっと沢山のパーツで構成された完成された物であれば
用意されたパーツの中で満足できていたかも知れません。
もしくはレゴブロックの複雑なセットなどを新しく買ってもらっていたら
興味は移っていたと思います。
1つのブロックを遊び尽くして、それでも新しい可能性を追わなければならない
過酷な?状況だからできた面白い体験です。
革新的なアイデアというのは枠(常識)をはみ出したり、壊したところにある、
そんな体験ができたブロックなので、ある意味完成されていたのかもしれませんが。
その後ぼくは親友の家でレゴブロックに出会いとりこになりました。
結局、家では買ってもらえませんでしたけど、今でもレゴより
面白くて、美しくて、完成されたおもちゃはないんじゃないかと思います。
(しかし最近のレゴのスターヲーズセットやハリープッターセットはどうかと思います、
棒状のパーツと人パーツがあればライトセーバーにも空飛ぶほうきにもなるのが、
レゴの本質だと思うのですが)
話が逸れたうえに長くなりましたが、
睡魔さんが訪問されていますので強引に結論です。
Pananaさんの質問にある「それしかないと、きっと遊べると思いますが」
が僕の答えです。
どんなにつまらない(んじゃないかなぁ)おもちゃでも、
遊び方が分かりずらいおもちゃでも、
それしかなければ絶対遊びますし(年齢や能力に応じたこえかけなどは必要)、
時間が経てば新しい遊び方まで教えてくれるようになると思います。
飽きたら次がある僕たちが慣れすぎた感覚です。
沢山のおもちゃの中で意図された遊びだけをするのと、
1つのおもちゃにとことん向き合い、遊び方やルール自体を作ってしまうのと、
どちらが豊かなことでしょうか。
これもモノを大切に使うということですかね、テイクジー・トイズのちょうせんです。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. 今日、BLOGを覗かせてもらったら、いきなり私の名前が出てて驚きました!!
    私の質問にとっても誠実に答えてくださり、ありがとうございます。
    とっても素敵な考えですね。
    また、とっても素敵な環境で育ってこられたのですね。
    今、豊かな生活を送っているはずなのですが、なにかを失ってしまったと感じています。
    きっと、書かれていたようなことだと思います。
    だから、その失ってしまったものにあこがれて、テイク ジー・ブロッグのようなおもちゃを好んで求めるのだと思います。
    おもちゃ図書館でたくさんの良い木のおもちゃを提供していますが、こちらの意図する方向に向いてくれないのが今の課題です。
    その答えが、この中にありました。

    Panana2006.10.1 19:52
  2. >Pananaさん
    驚かせてごめんなさい。
    でも伝えたい人がいると、言葉も浮びやすいですね。
    昔のことを思いだせてとてもいい機会でした。
    なかなか大人の思う理想のようには行かないものですが、
    少しずつでも伝わって行けばいいですよね。
    コメント頂けて励みになります、ありがとうございました!

    中川岳二 (2006.10.1 22:33

コメントをどうぞ