夏のワークショップ。

今年の夏は2つのワークショップがあります。
1つは現在開催中の『信州の工芸作家展 ~4人の作家の表情~』の企画で、
8月11日に開催の『木で車やアクセサリーを作ろう』です。

もう1つが中野市の公民館の企画で下記に記載の、
夏休み子供教室の『親子で木の車とアクセサリーを作ろう!』です。

講座名 西部公民館夏休み子供教室 「親子で木の車とアクセサリーを作ろう!」 
場所  中野市西部公民館  中野市大字安源寺666-1 
日時  8月3日(土)午前9時30分~午後3時
    (終わった人から終了となります。お弁当を食べる場所もあります。) 
対象  小学校1年生~6年生(保護者同伴) 
定員  15名 
教材費 500円 
問合せ 中野市西部公民館 
電話   0269-23-1024 
2つの講座のためにアクセサリーの寄せ木の材料をつくりました。
普段の制作をしていると厚み調整のために薄い材料が余るので、
別の作品のためにいつか使おうと、とっておいてあります。
それらの中から幅と長さが近いものを選び、
アクセサリーにした時に木の色が映えるように寄せ木しました。

あれこれ選んでいるうちに、今回は一挙に5種類の文様を寄せ木していました。
自動鉋という機械を通すと、ほらキレイ!
木が持つ固有の色が互いを引き立て合って輝きはじめます。
アクセサリーにちょうどよい厚みにスライスして、ハイでき上がり。
この材料たちがどんなアクセサリーになるか今から楽しみです。
中野市公民館のワークショップはもしかすると定員に達しているかもしれませんが、
興味があるある方、作る気まんまんの子供たちはぜひ問い合わせて下さい。
What do you think of this post?
  • like (3)

コメントをどうぞ