テート・モダン


これ何の建物でしょう?
テート・モダンという現代美術館です。
なにやら火力発電所だった建物を、改修してつくったとのこと。
ロンドンのちょっと外れにあって、この外観、
看板もさらりとしていて、言われないと美術館だとは分かりません。
他に行った美術館がいかにもな外観(外壁に彫刻レリーフいっぱい)だったので、
なおさらです。
その日はカンディンスキーの特別展をしていて、とってもよかったです。

これは美術館の中、外観とは違ってキレイです。
なにかインスタレーションをしていました。
そう言えば、イギリスでは特別展など料金が必要なとこ以外は、
博物館も美術館も基本的にカメラOKです。
だめな所にはそのつど表示があります、
作品の保存上大丈夫なの?と思いますが、日本とは違うようです。
学生時代に西洋工芸史の教授が、
美術館の中の写真をスライドで見せながら授業をしていて、
写真が上手で好きだったんだけど、撮っていいの?って疑問に思っていたら、
「注意されるまではいいんだよ」と言ってたのを思いだしたなぁ。
あとは「日本語しか読めない」と言えばよいらしい。
ぼくは撮っていいとこしか、撮ってませんよ、たぶん・・・。
もし違てったら、ごめんなさい。

この美術館、金土曜日は22時までやってるんです。
この写真は美術館から撮ったテムズ川と夕日(なのかなぁ?)は
21時くらいなんです、でも美術館にはまだ人がいっぱい。
イギリスのこういうとこ、好きですね。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(1)

  1. 8月ラスト~!

    8月も最後の週になりました! 
    31日までの展示の東京純心女子大学写真部とひの。2-Dと2-Eので繰り広げられている写真とイラストレーションの世界。

    東京純心女子大学はFancyな写真が展示されています。不思議な花火の写真など、何かお気に入りの写真が見つかるはず

    デザイン・フェスタ ブログ2006.8.30 14:48

コメントをどうぞ