梅雨梅雨。

ブログがとてもご無沙汰してしまいました。
更新がないことに心配の連絡をいただいて、
はたとそんなに更新していないかと気がつきました。
無精髭がのび放題なせいか、筆無精になってしまいすみません。
さて、梅雨空の中、庭のカシワバアジサイが咲きました。
雨上がりの夕方に輝くように咲いています。
昨年植えた庭木の調子を見にきてくれた植木屋さんがプレゼントしてくれ、
少し前に植えたものなので、
まだ小さいですが、花のボリュームは立派なものです。

梅雨の中野市は、雨が降れば一枚羽織るくらい肌寒く、
お日様がのぞくと半袖、の繰り返しです。
湿度が安定しない梅雨時は木工家にとっては、木のくるいに泣かされます。
材木になった後でも木は、空気中の水分を吸ったり吐いたりして膨張収縮を繰り返します。
昨日ピッタリに作ったパーツが今日はユルイなんてことが起きてしまう訳です。
僕のように小物の作品が中心の作家にとっては僅かなくるいも、
家具作家さんになると大変で、タンスなどの箱ものはこの時期は作りたくないですね。
梅雨にはピッタリ合わせる作業は諦めて、
下穴明けたり、大まかなカットをしたりでやり過ごすのが吉です。
忙しくなければですが。
秋の個展に向けて、着々と作品が出来てきています。
左の写真は、中野市まで遥々来てもらった方に、
気軽に持って帰ってもらえるようなものができればと、
今までで一番簡略化した寄せ木作品になる予定です。
なるべく連続して作れるデザインの中で、最大限魅力的なものになるよう考えました。
種類も数もかなりたくさん作ってますので、
気に入ったものが一つでも見つかってくれると嬉しいです。
では、今度はもっと早く更新します!
What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ