春よ、来い。

郵便受けをのぞくと1月に取材してもらった『KURA』が届けられていました。
あ、4月号に掲載してもらえることになっていたんだった。
正直すっかり、うっかりしていました。

春色の表紙がきれいです。
写真を豊富に、記事もグッとまとまって、自分のことなのにグッと来ました。
地震から2週間がたちましたね。
この2週間はすごく長く感じ、
何故だか分からないけど普段より仕事に集中していた気がします。
それが落ち着くからということなんだろうと思います。
集中していたのはいいことなんだけれど、
「お知らせ事項」を忘れていることに気がつかないでいました。
『KURA』の掲載とは別に、
長野市のギャラリー「アートスペース FLAT FILE」にて、
Nagano Art File 2011 
“下絵の世界” 
■場所 アートスペース FLAT FILE 長野市桜枝町883
■時 2011/3/18~4/10 
が、開催中で、僕も参加しています。
長野県在住の40人近いアーティストが出品し、
僕はアイデアスケッチを2枚展示してもらっています。
善光寺周辺にお出かけの際はぜひ立ち寄ってみて下さい。
仕事中にラジオから松任谷由実さんの『春よ、来い』が流れて来てきました。
この季節には毎年耳にする曲ですが、なんだろ、すごく染みてきました。
染み入るといえば、
ラジオから流れる山口隆さんの歌声を聴いていたら、
福島県の会津にある「スペースアルテマイスター」というギャラリーで、
個展をした時のことを思い出し、作品を手にしてくれた人達のことを思い出して、
染み入り過ぎて、涙が染み出てきました。
この複雑すぎる感情をなんと表現すればいいものか・・・、
僕も福島が好きです!
What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(3)

  1. こんにちは。
    会津の個展で中川さんのサイコロンを購入させて頂いた者です。
    あの地震でも中川さんの作品は傷ひとつなく無事でした。
    今も福島に住んでいます。
    なので、福島が好きと言っていただけて、本当に嬉しいです。
    またいつか福島で個展を開いてくださいね。
    その日を楽しみにしています。

    miyu (2011.3.30 10:12
  2. >miyuさん
    こんばんは。
    こんなにも大変な震災に見舞われ、
    不安の雲が晴れない時に、
    僕の作品のことを思い出してくれて、
    ほんとうにありがとうございます。
    猪苗代湖ズの歌詞を借りるなら、
    「♪福島に、福島に、福島に~ 置いてきたんだ」
    また個展をやる!という約束を、
    僕は福島に置いてきたままでいます。
    ひとりで工房で手を動かしていて、まだ続く余震を感じると、
    あの時がフラッシュバックします。
    圧倒的な力を前にした時、
    目の前にある作り途中の作品が、
    僕の作品なんぞが、いったい何のためになるんだいと、
    思わざるを得えなくなります。
    miyuさん、ありがとうございます。
    僕は必ず福島で個展を開きます。
    楽しみにしてくれている人がいるなんて、
    僕はほんとうに幸せな作家です。
    「♪福島で、福島で、福島で~ 君が素晴らしいって事を確かめさせて」
    がんばります!
    「♪明日から何かが始まるよ すてきな事だよ
    明日から何かが始まるよ 君の事だよ」
    miyuさんも、がんばって!

    中川岳二 (2011.3.31 22:04
  3. good news. very good!!!!

    aldo (2011.5.31 22:35

コメントをどうぞ