めりーくりすますです。 

中野市は朝から雪が降り、ぐっと冷え込みました。
寒いけれども、いや寒いからこそクリスマスですね。
テイクジートイズのクリスマスカードは届きましたでしょうか?
去年は事情によりお休みしましたクリスマスカード、今年は復活しました。
NASAから地球外生命体の可能性の発表があったばかりですが、
こちらTAXAによる独自の調査によって驚くべき事実が発見されました。
月周回衛星『かぐや』によって送られて来た画像に確信を得たTAXAでは、
民間企業との共同研究で進めていた日本独自の有人ロケット『兎月』の打ち上げと、
世界初の二足歩行ロボット『兎人』の月面着陸を成功させ、
月面での地球外生命体との接触に成功しました。
『ラビニアン』と名付けられた彼らは、
地底に住み月面では高速で移動するために今まで発見されなかったと考えられます。
今回の調査では、彼らを発見する手段のひとつとして
誰の好みでも的中させるというサンタクロース氏の助言により
ニンジンをプレゼントに持って行ったことが大発見に繋がったと報告されました。
地下を調べる準備がなかったため未確認ではありますが、
彼らは地底でかなりの文明を築いていることが予想されています。
探査機が月面を離れる直前に、再び現れた彼らは宇宙飛行士に「何か」を手渡しました。
「何か」については、TAXAと専門家による特別チームが解析中で、
形状についてのみ日本の「鏡餅」に似ていると報告されています。
接触の際に『兎人』が得た画像や生体情報から『ラビニアン』は、
11月にウキウキリークスによる機密文書の公開により発覚した「アームストロング船長の過ち」
の文書に書かれていたことと深い関わりがあるかも知れないと、
特別チームの今までの研究で明らかになって来ています。
アームストロング氏が月面着陸に際し米国の旗を立てた下に何かを
埋めたのではないかという噂は前々からありました。
公開された文書は船内研究のために持ち込まれたウサギについてのことでした。
ウサギはアポロ11号打ち上げまでの3ヶ月間、
宇宙飛行士に懐かせるためにアームストロング氏が育てていました。
もともと動物好きだったアームストロング氏はウサギに強い愛着が芽生え、
地球を離れてすぐに船内でウサギが死んだ時には涙を流して悲しんだそうです。
帰還後、オルドリン飛行士がウサギのなきがらがないことに気づき報告しましたが、
月面着陸成功のフィーバーの中で一時はうやむやになっていったそうです。
後に酒の席でオルドリン氏に追求され、アームストロング氏が自ら上部に報告をしました。
しかしこのことが公になることはなく、米国において機密事項となっていたと考えられます。
アームストロング氏のウサギが事実であれば、
『ラビニアン』の今後の研究に重要な意味を持つことになるので、
TAXAはNASAを通じて米国に協力を要請しています。
とまぁ、冗談はさておき、
クリスマスカード届いてないよ!私も欲しいよ!という方は
<mail@take-g.com>までご連絡ください。
メールには郵便番号と住所、お名前を明記の上、カード希望と書いて下さい。
では、よいクリスマスを!
What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ