ヴィクトリア&アルバート美術館2

この美術館広いので、もう少し昨日の続きです。

これ、入ってすぐの案内カウンターの上にぶら下がっている、
シャンデリア?です。
古い建築の中に、現代的なガラスの表現、絶妙にマッチしています。
作者は分かりませんが、印象的な作品です。

おっと、こんな所にチェ・ゲバラ!
キューバ革命の英雄が美術館でなにを?と思ったら、
特別展をやっていました。
チェ・ゲバラに関するポスターやらTシャツが沢山展示されています。
見事にマルクス主義をPOPに消費してみせる、表現者達。
英文が読めないので真意は分かりませんが、ゲバラの顔をマクドナルドや
ペプシやマイクロソフトなどのメーカーロゴで表現した作品がありました。
皮肉ですね~、勝ったのは共産主義なのか資本主義なのか?
今朝の新聞ヒースロー空港でのテロ未遂、数日前に利用した空港なので、
ドキリとしました。
まだよく分からない事件ですが、革命のやり方はそろそろ変わっても良いと
思うのですが・・・ゲバラならどうするのでしょう?

これ美術館右側の側面に残された銃弾の痕です。
具体的には分かりませんが、歴史的な闘争の痕だそうです。
(調べたけど分かりませんでした、第二次世界大戦なのかな?)
建物に施された彫刻や装飾と同じくらい大切な記憶なんでしょうね。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ