木取り。

木取り(きどり)というのは、材料から作品の部材を切り出していく作業。

意外かもしれませんが、この作業がめちゃくちゃ骨が折れます。
僕が異様な程に材木貧乏性なせいもあるのだけれど、
この厚みから削っちゃうのはもったいないな~、
こっちは厚みはいいけど長さが10cmも余ちゃうぞ、
なるべく無駄のでないように、次回のアレに回そう・・・
なんてやってると木取り作業がなかなか思うように進みません。
常に大きな材料からド~ンって木取りして、余ったら捨てちゃうみたいな豪快な感じなら
(木工業者には殆どいないと思うけど)木取りから製材なんて
それほど時間がかかるものではないかもしれないのだけど。
大きな家具工場になると木取り専門の職人がいて、
その道40年のベテランの方がいると聞くから、奥が深い。
ケヤキは貴重で高価な木であることは以前ブログに書いたのだけれど、
僕の作品に使うような木目の細かいケヤキをまともに買うのは難しいので、
端材(短かったり、細かったり、斜めだったりと、普通に売れない材)を、
一山いくらみたいな感じで、なるべく良質なものを安く手に入れるようにしています。
端材になるには訳があるもので、節や強いクセ、割れなどがあるものが多く、
普通なら捨てられてしまう材料ですが、ケヤキの貴重さを一番知ってるのは
ケヤキ屋さん(材木屋のなかでケヤキ屋は特殊でケヤキ一種だけを取り扱う)なので、
大事に取っておいて、僕のようなお客を待っている訳です。
僕のような小物をつくる人であれば、節を避けてある程度目の通った材料として使えるので、
斜めに線を引いたりしてうまく木取りができるとうれしくなります。
端材は、数年、へたすると数十年積み上げられていたりで、
えらく汚れていたり、雨に当たったかシミができていたりするのだけれど、
製材すれば、そこはケヤキの本領発揮、内側から輝くような美しい色を見せてくれます。
What do you think of this post?
  • like (1)

コメントをどうぞ