ヘルシンキ観光。

グループ展を開催したヘルシンキは、町の至る所に観光スポットがあり、
ホテルからギャラリーへ行く途中途中で観光ができます。
まずは宿泊したホテルのすぐ側にある『岩の教会』こと『テンペリアウキオ教会』です。
外からひっそりしていて、協会あるの?ってな感じ。
入り口でグッと暗くなった後に、中央の広間に入るとパッと明るくなります。
岩をくりぬいたかのような内壁の無骨さと、
円形で格子状の天窓の軽やかさがいいあんばいで、神々しかったです。
女性の騎兵隊?観光のためかな。
ギャラリーの側の花屋さん。
『コケシスター』に生ける花をかったのですが、
切り花より鉢植えの花が主流のようで、あまり選べず。
日本では切り花が主流だと思うので、文化の違いかな。

ヘルシンキは海辺の町なので、ギャラリーから2、3分も歩けば海岸に出られます。
海に面して『マーケット広場』が開かれています。
ヘルシンキの人々の台所ということなんでしょうが、実際は観光客がメインといった感じかな。
市場の割には以外と価格が高いような・・・美味しそうですが野菜はどれもいいお値段。
簡単な軽食ならいろいろと揃っていて、この日はここで昼食に。
アイスはどこで食べても美味しいものです。
ギャラリー周辺だけでも結構観光スポットがあり、
展示と観光を同時に楽しめて一石二鳥といった感じでした。
まだまだ観光は、つづきます。
What do you think of this post?
  • like (1)

コメントをどうぞ