うん、初日。

昨日、無事搬入が終わり、
いよいよ、本日こてんこ初日です。
ゆかいな作品達が皆さんのお越しを心待ちにしております。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。
 












上の写真は塗装したての、忍者達。
下は、削りたての花ずきんが、頭に穴を空けられるのをおびえているよいうす。



さて、東京近郊にお住まいの方は大丈夫と思いますが、
地下鉄の乗り換えは危険が一杯ですので、お知らせしておきます。
昨日、JR有楽町駅から、地下鉄有楽町駅に乗り換える為、
改札を出た筆者は、
あれ、ちょっと遠くないかしらと思いながらも、
地下鉄入り口をキョロキョロ探しながら歩いていきました。
お、着いた着いたと階段を下りていくと、
その駅の看板には銀座駅(なぜ?)と書かれていました。
どうやら、ひと駅無駄に歩いてしまった様子。
狐につままれたか、狸に化かされたか?
たしかに少し遠くはありましたが、こんなそばに駅をつくるなんて、
長野電鉄では考えられません。
地方からお越しの方は、くれぐれも気をつけてください。
東京では我々の常識は通用しませんぞ!
アナザワールド・トウキョウ。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(4)

  1. 旦那さんが中川さんの大ファンで、夫婦二人ではりきって出かけたので、こてんこ てん展が始まる30分以上前に会場に着いてしまいました。こてんこ てん展、すばらしかったです。いただいた犬の「ゴルゴ」は、我が家の玄関で、番犬としてがんばっています。これからも愛しい作品達を作り続けてください。

    ロボット研究者の妻 (2010.4.2 11:51
  2. こてんこてんてん、本日も楽しませて頂きました。
    (特に息子が)
    出遅れてしまったがために、我が家の仲間が増えなかったのが残念でしたが、お話させて頂いてお元気そうだったのでよかったです。
    また次回、お会いできる日を楽しみにしています。
    ありがとうございました!

    カトーケ (2010.4.4 21:30
  3. >ロボット研究者の妻さん
    初日の早い時間に来ていただきありがとうございました。
    ロボットの研究とはなんて夢!のある仕事でしょう!
    というか、僕らの子どもの頃のまさに夢の職業ですね。
    夢が現実になっている、現在の社会発展というのもすごいですが、
    それを叶え、支える立場になるなんて、ほんと夢のようです。
    夢を具現化するという意味では、近い仕事のように思えるところもあり、
    ロボット研究室に興味津々です。
    近くに行った際には、遠慮なしに寄らせてもらいますと、お伝えください。

    中川岳二 (2010.4.6 12:57
  4. >カトーケさん
    今回もお会いできて、とても嬉しかったです。
    息子さんが、いかにも「よい子」に成長していて、
    本人の気質というのもあるでしょうが、
    子育て術をもっと学びたかったです。
    さっそく、娘に「君は特別な思いをいっぱいしたんだよ」
    と言い聞かせています。
    何か伝わっているような感じです。
    体に気をつけながら、よい父も、よい作品もがんばります!

    中川岳二 (2010.4.6 13:04

コメントをどうぞ