このたび、初心のたび。

明日早朝より、イギリス・デンマークの旅に行ってまいります。
お恥ずかしながら、この旅「初心の旅」と銘うたせて頂きます。
そうです、もろにe/さんのブログに影響を受けまして、
素直にそう筆がうごいたしだいです。
「初心の旅」(掛け軸にバーンて感じでね)
いいじゃないか!いい響きじゃないか。
これキタ。
この旅では、今一度自分が何でものづくりを仕事にしようと思ったのか、
ものや人を通して考えてこようと思います。
ウィリアム・モリスの熱い思いが、アーツ・アンド・クラフツ運動となり、
ドイツではバウハウス、日本では柳宗悦らの民芸運動へと連鎖して、
止まることの無い大量生産の波の中で、柳宗悦の息子柳宗理へと意志は
しっかりと受け継がれていく。
モリスが繋ぎ止めたかった思い、宗悦が守りたかった民芸は結局のところ、
プロダクト、クラフトという双子が誕生し訣別していくのを、
少しなだめることしかできなかった。
プロダクトが、欧米型資本主義のグローバル化の申し子として
何処までも合理的に育っていく中で、相対としてのみ存在できたクラフトは
いつの間にか、にてもにつかぬ双子になってしまった。
柳宗理の言うタワシの用の美は、深沢直人氏の言うところの「ふつう」
となって無印になる。
考えてみれば合理的を突き詰めれば用だけが残り、かたちは無に近づく。
宗教や文化を超えて(消して)資本主義の合理性、先進国企業の肥大しすぎた
生産ラインと拡大プランを受け入れる国(市場)を増やすためには、
無色透明なそのプロダクツは輝いて見えるのかもしれない。
グローバル化と無、これが先進国だけの、もしくはなれる可能性のある
国だけの価値観であることを忘れてはいけない。
無とシンプルは違うし、ロハスが王様のエコになってはいけない。
プロダクトがクラフトを忘れてしまう前に、170年前の人も、
80年前の人も言った同じことを、ぼくも言ってもいいですか?
「やっぱ手仕事ってさいこうじゃん!」
「こども達の想像力を育みます」おもちゃのパッケージで見飽きた
この言葉にウソをつかないためにも、そのせっかく育んだ想像力を
発揮できるようになった時、ものづくりの仕事が日本に残っていますように・・・。
イギリスではモリスのデンマークではウェグナーの、学生だった自分に
1番影響を与えてくれた人の仕事を見てきます。
初心を忘れないように。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(5)

  1. あはは(笑
    そーなの?驚き桃の木です…汗
    帰国後の再会、楽しみにしております。
    ダイアログ…チケット取っちゃいましたから。
    モリスにも会いにいくんだ!?
    いーなー、いーなー。
    大切なもの、吸収して帰ってきて下さい。
    お気をつけて、いってらっしゃいませ!

    e/ (2006.7.28 01:56
  2. 羨ましいです。でも遊びじゃないですものね。私は遊びでいきたいなあと思ってしまいました。

    村澤明美2006.7.28 21:45
  3. >eさん
    かえってきました!
    モリスにはさすがに会えませんでしたが、
    ウェグナーの家具を作っている工場におじゃまして、
    プレゼントと手紙をわたしてもらう事になりました!
    明日ダイアログインザダーク楽しみですね。

    中川岳二 (2006.8.7 20:17
  4. >村澤さん
    いやいやほとんど遊びでしたよ。
    ただどこを見ても建物や文化など興味深くて、
    勉強にはなりました。
    10日くらいの旅だったので日本に着いたら、
    やっぱ住むならここだなと思いました。

    中川岳二 (2006.8.7 20:24
  5. おお!素晴らしいぢゃないですか!
    素敵な旅になって良かったですね。
    明日..ってか今日。
    楽しみにしてます。

    e/ (2006.8.8 03:17

コメントをどうぞ