どんど焼き。

今朝、娘といつものコースを散歩していて、
近くの神社を通りがかると、おや!?
だるまさんやしめ縄なんかが、うずたかく積み上げられている。
あ、そうか、今日はどんど焼きの日だっけか。
青空と融け残る白い雪、赤いだるまに緑の松飾り、
ちょっとしたインスタレーション・アートかと思って見れば、
何とも不思議で可笑しくて、ちょっと不気味な造形。
ひときわ目立つ熊手飾りをよく見てみると、プラスッチックな神様達が、
一年のお努めを終えてお疲れぎみ。
量産品ならではの安っぽい豪華さが、なんともポップアート的かも。
そういえばクリスマスツリーにも似ている感じがして、不思議だね。
夜になったら火がつけられて、強い光とともに、
あっという間に燃えてなくなってしまう。
ひと月ぐらい輝き続けるイルミネーションもいいけれど、
一瞬の輝きの中、地域の人が家族で集う温かさもよいものです。

 

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. ほんとにアート作品みたいだねー
    こんなの見たことないなー。
    どこの神社でもやってるものかしら?
    キャンプファイヤーを思い出しました。
    今年もヨロシクね♪

    ミカ★ (2009.1.14 00:48
  2. >ミカ★さん
    こっちではそこらじゅうで、どんど焼きやってるよ。
    うちの吉田地区の神社は小さいので、質素なほうだと思う。
    商店がある地区だともっと盛大だよ。
    どんどの最後は弱火になったところで、餅を焼いて食べます。
    これを食べると風邪を引かないとかなんとか。
    今年もよろしく!

    中川岳二 (2009.1.14 17:57

コメントをどうぞ