木のおもちゃの修理。


写真は幼稚園で使用されているテイクジー・ブロックです。
タイヤをつなぐ軸棒が折れてしまったので、修理の依頼が来ました。
かなりハードに遊んで貰っていたようで、いい感じにキズだらけになっていて、
なんだか微笑ましい気持ちになりました。
しっかりとテストをしたので、そうそう壊れることはないと思いますが、
写真のように棒の端から端へ、木の繊維が真っすぐ通っていない材料(目切れている)だと、
折れてしまう可能性が高くなります。
簡単な修理で直りますので、もし壊れてしまった時はご連絡ください。
「直せば使える」「直して使いたい」ものを作ることは、
ものづくりの基本中の基本ということを改めて思いました。
責任は重大ですが。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ