せめぎあい。


寄木が完了した材料を、削り出す前に荒取りする。
バンドソーという木工機械を使って確実にいらない部分を切り落としていく。
仕上がりの大きさのギリギリのところまで落とせれば、後が楽。
かといって誤って切り込み過ぎれば、今までの苦労が水の泡。
攻めるか、攻めないか、残り時間とにらめっこで神経をすり減らす。
木目のクセを読みながら、時に読み切れずに泣かされて、
刃物の切れ味は落ちていないか、バンドソーの張りは適正か、
垂直にきれているか、湾曲していないか、
いろいろがせめぎあい、一種の興奮状態をともなって、ギリギリで決着。
正しかったかどうかは、仕上がってみなけりゃ分かりません。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. この写真の作品が一体どういうものになったか、
    まじかで見てみたいですね~。
    『せめぎあい』正しかったら、ニンマリしてしまうでしょうね★

    オオイド (2008.8.12 20:47
  2. >オオイドさん
    どうなったんでしょうね~?
    まだ正解は出ていないので、ドキドキです。
    面白い作品になりそうな予感はかなり強いので、
    ぜひぜひじかに見てもらえればと思います!

    中川岳二 (2008.8.13 18:11

コメントをどうぞ