F/style の仕事。


これ、うちの玄関マットなんですけど、すごく気に入っているものです。
3年前くらいに購入したもので、いい感じに家になじんでます。
使い続けて初めてわかる「ものの良さ」というものがあり、
そんなものとの出会いは、とても幸せなことです。
F/style」は2001年から五十嵐恵美さんと星野若菜さんの
二人がはじめた新しい「ものづくり」のスタイルです。
事務所のある新潟を中心とした地場産業や伝統産業と共に、
生活に溶け込むようなデザイン性と品質の高い生活雑貨を提供しています。
ぼくは今年の秋に彼女達にお会いする機会があり、
その仕事を見せてもらいながら、考え方などを聞くことができました。
話をする中でぼくが感じたことは、
彼女達は新しいものづくりを地道に、力強く続けていて、
その結果生み出されるもの達は、さりげなく、すがすがしいことでした。
地場産業にデザインを持ち込むことは、最近はブームのようなところがあり、
日本のあちらこちらで挑戦(?)が行なわれていますが、その多くは難航しているように見えます。
どんなにカッコイイものを考えても、売ることでつまずいてしまうからです。
日本でものづくりをする以上、価格が首を絞め「何故こんなに高いの?」
という一般的な感覚に理解を求めることは容易ではありません。
デザインをすること以上に理解を求めて行くことは、
地味でエネルギーのいる地道な作業です。
「日本の地場産業を中心としたデザイン提案から販路の開拓までを一貫して行う」
ことの重要性をいち早く感じ、実践(ここが重要!)しているのが「F/style」です。
長野県松本市のギャラリー灰月にて「 F / style 」の仕事 という展示会があります。
2007.12.8.sat.→12.25.thu.の日程です。
会場で何処かで見たようなもの達を手に取ってみると、
新しい「ものづくり」とはどういうことかを、
彼女達の仕事から感じることが出来ると思います。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ