西へ東へ欅の旅。

今週は欅(ケヤキ)を探しに、名古屋、茨城に行ってきました。
木材はどれも貴重ですが、とくにケヤキは稀少であり高価な木です。
もちろんピンキリなんですが、ぼくが使っている目のつんだ(木目が細かい)木は、
日本にあるものはほとんど採り尽くされてしまっているので、かなり入手困難なんです。
しかもぼくのような少量の購入で、しっかり選びたい人は敬遠されることもあり、
ケヤキ屋さんと出会うことじたい難しい。
いい材料を手に入れることはつねに悩みです。
『風人と雷人』を購入してくれたKさんに作品を届けた時に、
いろいろ話をする中で、
最近は手持ちのケヤキが少なくなってきていて、
心細くなっているのが話題になりました。
Kさんはそれを気に留めていてくれ、
後日「ケヤキ屋、見つかったよ!」との連絡をくれました。
Kさんは流通関係の会社をしているので、その辺(木材屋さん)にも通じていたのです。
いや~、ほんとうに感謝です。
そんな訳で、ケヤキを買いに再び名古屋へ。

あるとこにはあります。
興奮のあまりケヤキ達と記念撮影してもらいました。
オダギリジョーとケヤキどちらと並んで撮りたいか?と聞かれたら、
皆さんもそうだと思いますが、そりゃもうケヤキです。
小学校入学式以来のこの緊張、伝わることと思います。
もしここで地震がきてケヤキに埋もれて死んだら、それはそれで本望だと言えるでしょう。
『中川岳二、ケヤキと共にここに眠る』そう刻んで下さい。
左の写真のケヤキは「トロの部分」と表現される最高の目の積んだ正目、
うへ~奇麗だ~。
さすがにこれは買えませんが、なかなかよい買い物ができ大満足です。

夜はケヤキの余韻と共にKさんと一杯やって、すっかり酔っぱらいに。
この焼き鳥屋さんの店主は元フランス料理のシェフということで、
斬新かつメチャうまな品々でお腹も大満足。
作品を通して生まれる出会いの大きさと広がりは、留まることを知りません。
ご縁に重ね重ね感謝です。
切りがいいので、東へ編はまた今度。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. 中川さん、いつもブログ楽しみにしています。
    会津で福助を連れ帰りました、千葉の八重垣です
    左の写真のケヤキは「トロの部分」という文章の表現に我慢できなくなり初カキコしました。
    いやー。ケヤキは稀少であり高価な木という事実も初めて知りましたし、いつも勉強になります。
    作品になるとケヤキはどんな木目、色になるのかなど、続報お待ちしています!

    八重垣 (2007.11.26 10:55
  2. >八重垣さん
    会津の時はありがとうございました!
    お引っ越し先はいかがですか、福助も喜んでいることと思います。
    ケヤキというと街路樹なんかでもよく植えてあるんで、
    なんでこんな木が高価なのか?と思ってしまいますが、
    家具や、良質な建築材になるのは、
    寒い山の中でゆっくりとゆっくりと育った木だけなんです。
    ケヤキの森というのはないらしく、点々と生えているそうで、
    樹齢数百年の良い物などはもう存在しないということです。
    もし今から育てたとしても、
    使えるのは孫の孫の孫の代って感じなんですね。
    こうなると商売で育てる人はいないでしょうから、
    実際大きな木は天然記念物に指定されています。
    ケヤキの内から輝くような美しさは他の木では、
    代用できない特別な魅力です。
    この木の素晴らしさを生かせるような
    作品づくりをしなくちゃいけませんね、ほんと緊張します。

    中川岳二 (2007.11.26 23:01

コメントをどうぞ