厨子三様 ~新しい祈りのかたち~


会津でお世話になったアルテマイスターの新作厨子(仏壇)の展示会が開かれるとのことで、
16日金曜日に六本木にあるGALLEY le bainに行ってきました。

写真の赤い厨子は内田繁さんのデザイン。
他にも著名デザイナーや作家が参加して、
今までの仏壇のイメージを革新する様な作品が並んでいます。
日本の地場産業の中で新しいものづくりを進め、
「新しい祈りのかたち」を創出しようと言う
保志社長の思いがカタチになっていると思いました。

ギャラリーの中庭で行なわれたオープニングパーチー。
内田繁さんや東日出夫さん、坂本朝夫さんなど参加アーティストの他にも、
日々野克彦さんなどもいたりと沢山の人が集まって、とても盛り上がっていました。
美味しい料理に、美味しい食事をいただいて、
いっしょに美しい空間を味わって、なんとも贅沢な時間を過ごしました。
ぼくは祈りをかたちにすることは、とても難しいことだと思います。
ものがあり、祈る人がいて、祈られる人がいた。
ものだけでなく、行為や関係までもかたちにしなければならないと思うからです。
祈ることが日常の中で小さくなりつつある今日、
この展示会の持つ意味は大きなものだと思います。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ