三十八歳、七変化?

38歳になりました。
いろいろ言い訳できない歳になったなぁ、というのが感想です。
よくわからんけど。

来年の展覧会に向けて、ぜっさん寄木中の日々です。
40歳台を目の前にして、これまでを総括するような展示にしたいと思っています。
総括とはいえ、まだまだ作家前半戦、新作では大きく変化をつけたいなぁと考えています。

dsc_7768-1

写真は今回の作品に使う木の色を確かめているところ。
色が濃くなっているところは水をつけて、仕上がりに近い濡れ色を確認しています。
今までは下から4色のチーク、ホワイトアッシュ、ケヤキ、ウォールナット。
そこから上の、パドック、チェリー、メープルを今回初めて大きな作品に使うことにしました。
最初はチェリーを中間色で加えようと考え、新作で雪や雲を表現したいので、
白色に変化をつけたくて、ホワイトアッシュに加えてメープルを使うことに。
挿し色で赤色が欲しくてパドックを購入して製材してみると、
パドックにしては落ち着いた赤色で、最初はちょっとがっかりしたのですが、
眺めているとなんともいい色をしているなぁ思い、
挿し色ではなく、1色として使おうと気持ちが変化。
というわけで、何か変化させたいなぁと思ったところが、4色が7色になりました。

チーク、ホワイトアッシュ、ケヤキ、ウォールナットには
強いこだわりを持ってやってきたのだけれど、
自宅の家具をチェリーで作ってから、チェリーの魅力を体感して、
昨年の福助ではチークをチェリーに置き換えました。
チークもチェリーも中間色としては甲乙つけがたいですね。
メープルはもともと好きな木でしたが、
ホワイトアッシュのはっきりした木目が作品のアクセントになるので、
白はホワイトアッシュと決めていました。
今回の新作には同じ白の中で敢えて小さな変化をつけるのが合いそうと思い、
メープルも加えました。
パドックは本来もっとドギツい赤なので、作品に大きく使うことはないと思っていたのですが、
一種類の木を一つの色と考えていたことが木工作家としてダメですね。
ウォールナットに色の濃いのや薄いのがあるように、
ケヤキに黄色いのや赤みが強いのがあるように、
パッドクも木によって様々な色味があるに決まっていました。
予想外の落ち着いた赤みのパドックがやってきたのはラッキーでした。
7色並べて眺めていると、どんなふうに調和するのか、新作の出来上がりが楽しみです。
30代の終わりに寄木の色が大きな変化、40代はこの7色と仲良くやってくぞ。

What do you think of this post?
  • like (24)

コメントをどうぞ