テイクジー・ズー


今テイクジー・ズーという新商品の開発で、資料づくりをしています。
言葉で人にわかって貰うのは、すごく難しいですね。
しかも、ズーは視覚に障害をもつ子供にあそんでもらいたくて考えたので、
伝える相手に、障害について興味をもってもらわないといけない・・・。
でも自分自身、視覚障害について想像することしかできないので、
伝えるいぜんの問題なのかもしれないわけです。
みなさん、GokanPROJECT(点字普及計画)をご存知ですか。
こんな難問に、すっぱとカッコよく答えを出している方達がいるんです。
このプロジェクトはナカガワマサキさんを中心として、いろんなアーティストがかかわって、
今大きな動きになってきています。
このブログにも遊びにきてくれるe/さんこと TAKASHI HIRATOさんも参加されています。
e/さんのブログblog = e/qualでも、この活動について知ることができます。
スパイラルのイベントで見た2人の共作『ブレイルボード』には目から鱗でした。
バリアフリーとか共生とか言葉じゃなくって、感覚で理解できちゃうんです、
それってあたりまえでしょ、って。越えちゃってるんです、視点が。
しかも、そこに美があって、カッコイイわけです、理屈じゃないんですね。
自分よりずっと先を歩いている人達をみて感動しました。
そしてなんだか安心しました。
ぜひ皆さんも、GokanPROJECTに注目して下さい!

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(4)

  1. braille board-3

    GokanPROJECT
    “点字をすべての人の共通言語に”この言葉をスローガンに掲げ、
    点字の普及を目的とするGokanPROJECTでは、点字を意識する機会を提案し、
    点字をもっと身近に感じられる商品の企画・製作・販売を行っております。
    (詳細はGokanPROJECT公式サイトにて

    blog = e/qual2006.7.7 11:49
  2. ごぶさたしております!
    GokanPROJECTナカガワマサキです。
    この度はなんと言いましょうか..
    ご紹介頂き誠にありがとうございます!!
    僕はスパイラルで初めてtake-g toy`sを
    見て圧倒させられました。
    木がこんなにも輝き、しかも美しい曲線美!!
    すべての人が笑顔になれる理想のおもちゃだって感じました。
    まさにGokanなグッズだと...
    近く、ジョイントできたらと思っておりますので
    これからもどうぞよろしくお願い致します。

    MN (2006.7.7 11:50
  3. なんかスゴく有り難いご紹介…感謝。
    ↑ナカガワ氏と共にtake-g toy`sに圧倒されたe/です。
    テイクジー・ズー楽しみです!!

    e/ (2006.7.7 12:02
  4. >MNさん
    褒めて頂きありがとうございます!
    木の魅力を伝えることが、ぼくの仕事なので
    とてもうれしいです。
    Gokanは気づいたら、みんなが知っているものになって欲しいです!
    そのためにはナカガワさんは相当エネルギーがいると思いますので、
    中川もなにか、応援できればと思いました。
    木に関することには、自信があるので、
    ぼくの方からも、何かジョイントできればと思います!
    よろしくお願いします。
    >e/さん
    『ブレイルボード』は重要な意味をもっているので
    じわじわと、広まって行くと思います。
    うまくいえませんが、重要なんです、内面も外見も美しい、
    見えても見えなくても美しい・・・やっぱり感じるしかありませんね。

    中川岳二 (2006.7.7 19:08

コメントをどうぞ