いろいろないろ。


(手前からホワイトアッシュ、チーク、ウォールナットの木取り中)
木の色はほんとにいろいろです。
どの木も個性的できれいな色をしています。
たくさんの種類の木の中から、
ケヤキ、ホワイトアッシュ、チーク、ウォールナット
を選んだのは、ほんと「感じ」が合ったから。
出会いみたいなものです。
ケヤキは衝撃的に美しいと思ったし、
チークは手触りのしっとり感、
ウォールナットは美味しそうな色み、
ホワイトアッシュは木目の清さに魅かれました。
この4色にしぼって使っているのは、
それぞれの個性を引き立て合える数だと思うからで、
その性質を把握しきるにもちょうどいいから。
ニオイや手触りだけでも何の木か分かる範囲というのも大切な気がする。
自分の使う材料のコトは誰よりも知っていたい。
材料を知るためには、好きになって触ってみるのが一番。
相手が人の場合と同じですね・・・いや、そういう意味でなく。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(2)

  1. うん。おいしそう。木って。
    あまそうなイメージです。

    ミカ★ (2007.8.4 23:54
  2. >ミカ★さん
    ウォールナットは特に美味しそうだよ。
    見てよし食べてよし。
    実際は甘くはないので砂糖を加えましょう。
    カカオだって甘くないんだもん、当然ですね。

    中川岳二 (2007.8.6 00:27

コメントをどうぞ