菊池ビエンナーレ展

個展終了後の搬出作業を薔薇貫マンがまた助けに来てくれました。
かなり疲れていたのでホントたすかりました。
その後実家で薔薇貫マンこと本間友幸氏とささやかな宴会をして、
ぼくは酔っぱらって寝てしまったしだいです。

しか~し、次の日にはちゃんと起きて、
菊池寛実記念 智美術館に菊池ビエンナーレ展を見に行きました。
これ本間氏が入選した陶芸の展覧会です。
40点位の作品が広々とした空間を贅沢に使って展示されていました。
ハッキリ言ってめちゃくちゃレベル高いです。
本間氏の作品は我が家にもあって普通に使っているので、なんか不思議な感じ。
もちろん入選作は気合いの入った作品で、
他の入選作に引けを取っていないと思いました。
とはいえ、数々の大先生の作品に囲まれちゃって、
正直よく入ったなぁ(ごめん・・・)と。
まぁそれだけ兄貴の作品はすごいってことなんですな。
今年は日本陶芸展にも入選、関西国際空港の富士火災アートスペースにも選抜。
かなりきてるなぁ~、大波が薔薇貫入をさらっていくのも時間の問題か。

(写真は本間友幸氏の薔薇貫入釉による陶芸作品
題名『大波にさらわれるのを今か今かと待つ薔薇』~きれいに並べたってだめですよ~
※ぼくが勝手に命名!これはビエンナーレの入選作とは違う作品です。)
そんな兄貴を梱包や搬出に使ってしまうぼくっていったい!?
恐れ多いっす、めったなことするもんじゃないっす。
近くにあると見えづらくなるものがあるっす、愛なんかと同じっす。
とまぁ、そんな兄貴のビックな個展が中野市で開催されます。
信州中野銅石版ミュージアムで6月末からです。
美術館はバラ公園の中にあり、ちょうど薔薇も見頃をむかえています。
公園の薔薇を見るためだけに全国から沢山の人が来るくらいで、
植物の薔薇もかなり見ごたえあります。
いや~、この展覧会に行かない手はないんじゃないかと思うしだいです。
うへ~、とっても耳よりな情報なんじゃないかと思うしだいです。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(6)

  1. 薔薇貫マンさんて素敵な作品を作られるんですね。
    さすが中川さんの一番弟子ですね。

    一句 大波の燃ゆる薔薇貫 火が消えた (2007.5.16 01:09
  2. 本当に陶芸家・本間さんは若くして
    素晴らしい作品を作られている作家さんだと思います。
    個展を拝見するたびに、新しい技法に挑戦されていて、
    観る側も新しい発見をさせてもらっています。
    中野での個展では
    これまでの作品が一斉に展示されるとのことで、
    とても楽しみにしています。
    テイクジーさんは中野個展の宣伝部長さんですね!?

    アカリ (2007.5.16 17:20
  3. >薔薇貫兄貴
    たしか本名は『燃ゆる薔薇』だからら、波はだめだね。
    弟子に間違えられた時、
    本間さんはぼくの作品にオイルを
    塗り直してくれてたんだっけ。
    まじで間違えてたね、あの方。
    てか、ホントはぼくが弟子なんだけどね。

    中川岳二 (2007.5.16 20:37
  4. >アカリさん
    そうそう、初めて本間氏にあった時、
    等歴や受賞入選歴と本人の若さが
    一致しなくてビックリしたっけ。
    慢心せずに、新しいことに挑戦する姿、
    見習わなくちゃいかんです。
    この度、宣伝部長という大役を申し預かった、
    中川岳二と申します!
    精一杯がんばりますので、
    どうぞよろしくお願いいたします。

    中川岳二 (2007.5.16 20:42
  5. 宣伝部長殿
    コマーシャルお願いします。
    その前に「薔薇」の漢字を覚えてね。
    桐箱に薔薇って書くの、ホント大変!

    大波の薔薇 (2007.5.18 00:11
  6. >薔薇貫兄貴
    えっ!
    あの桐箱の作品名って作家が書いてたの。
    たしかにそんなことにマニーはかけれんけど。
    薔薇はまずいね、そこだけ字がでかくなるね。
    カタカナでバラでもいいんじゃない。
    あっ、バラをくわえた兄貴のブロマイド入りのがいいかも・・・よ。

    中川岳二 (2007.5.18 21:18

コメントをどうぞ