薔薇貫マン、参上!

やすっても、やすっても終わりの見えない作品の山・・・。
まじやばいんじゃないの?
作品の梱包もまだ中途半端だし、
個展どどど、どうするの?
ううう、うえ~んうええ~ん・・・明日が見えないっす。
涙の向こうに霞む未来は真っ暗っす。
たたた助けて、薔薇貫マ~~~~ン!!!!!!!!
・・・来る分けないよな、ぼくのところなんかに。
宿題の算数ドリルもまだやってないし、
おやつのバームクーヘンは兄ちゃんの分まで食べちゃったし、
図書室の本まだかえしてないもんな。
うううえ~ん。
あれ、
どこからともなく薔薇の甘い香りに、泣きはらした目をうっすらと開けてみた。
赤い花びらが舞っている。
「ハーハハハ!ボクを呼んだのはボーイ、キミかな!」
一輪挿しの口を立ち上げるかのような、その優しい指先でボクを指す、キラ~ン!
「もう大丈夫!ボクが来たからには、にっくき悪の組織シメキリーなんかコワくない!」
「男だったら泣くんじゃないぜ!一緒に戦うんだ!」
うん、ぼくは大きくうなずいた。

それから薔薇貫マンは次から次へとあっという間に、怪人コンポウをなぎ倒した。
もちろんぼくだって少しは役立ったよ。
「ボーイ、やるじゃないか!もう大丈夫だな、
ここからはキミひとりの戦いだ、ロンリーファイトだ!」
「いいかい男だったらナンバーワンより、ロンリーワンを目指せ!」
薔薇のかすかな香りとその言葉を残して、気がつくと薔薇貫マンの姿はなかった。
ロンリーワンって?、オ、オンリーだよね・・・?
ふと胸元をみると、オバーオールのポッケットに一輪の赤い薔薇が刺さっていた。
「ロンリーローズ薔薇貫マン」と書かれたメモと共に。
(お~いこんなブログ書いてる場合か!
まぁとにかく薔薇貫兄貴ほんとありがとう、どんなに感謝してもしたりないっす。
一生ついて行くっす、弟子入りするっす。)
※ここだけの話ですが、薔薇貫マンとは薔薇貫兄貴こと陶芸家本間友幸氏のことです。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(7)

  1. 薔薇貫マンって素敵な方ですね。
    私のところにも来てほしいな~。
    《助けて薔薇貫マーン!!!!!》
    「ハ~イ ロンリーローズ薔薇貫マーン。ロリコンじゃないよ。」
    薔薇貫マンは有料だってホント?
    「個展の売上金の90%いただきます。まいど。」

    ブラック薔薇干満 (2007.4.27 23:52
  2. 名前の変換間違えた。
    干満でも肥満でもないぞ。

    ブラック薔薇貫マン (2007.4.27 23:56
  3. はじめまして。
    いつも楽しく、ときには感動しながら読ませて頂いています。
    いつも思うのですが、ほんと、文才ありますね~(^-^)
    エッセイストとか作家にもなれそう!
    てんてこ舞いな中にも、とても充実してる感じが伝わってきます。
    個展がんばって下さい!
    いつか、作品達を登場人物にした写真絵本を作ってください☆
    絶対楽しいおはなしが出来そう♪

    sakiy (2007.4.28 10:29
  4. いよいよ、今日からですね~。
    BLOGも止まったままだし、間に合ったのか・・・
    ドキドキ・・・
    ドキドキ・・・
    見に来てくださったお客さんには違うドキドキがあるといいですね。

    Panana (2007.5.1 09:27
  5. >薔薇貫兄貴
    兄貴、ほんとありがとう!
    有料だったの?まじっすか。
    ヒーローだったら、食わねど高楊枝でしょやっぱ。
    無料だったら来週あたり、
    また薔薇貫マン来てくれないかなぁ。
    そうだと良いなぁ。

    中川岳二 (2007.5.2 00:00
  6. >sakiyさん
    はじめまして、コメントありがとうございます!
    なんだかとっても元気が出てきました。
    どちらかというと、自分では文章苦手とおもっとたもので、
    ブログ書いてて、よかったなぁと思いますした。
    絵本作家になりたかった時期もあったので、
    もう一度奮起しちゃおうかなぁ。
    時間がつくれないかなぁ。
    とりあえずブログでもうちょい文章を鍛練していきます。
    いつかの発売をお楽しみに!

    中川岳二 (2007.5.2 00:09
  7. >pananaさん
    ご心配おかけしました!
    どうにか開催できました。
    準備以外に時間をいっさい取れなかったもので、
    ブログ途切れちゃいました。
    なにがなんでも書いて行こうと決めていたので、
    ちょっと残念。
    ドキドキ一番したのはやっぱ僕ですかね、いろんな意味で。
    新幹線の乗り換えダッシュは心臓ドキドキがやばっかったなぁ。
    運動不足ですね・・・。

    中川岳二 (2007.5.2 00:16

コメントをどうぞ