テレビ電話

兄が暑苦しい!
寒くなってきているのに、ひじょうに暑苦しいのだ。
もともと「君の夢はなんなんだい!」と初めて会った人に聞いて、
共にがんばろう!みたいな事を平気で言い出す熱い人なのだが、
今は特別にテンションが高い。
まぁ最近婚約をしたということで、その報告をかねての帰国でとてもめでたくあり、
いたしかたないのだが。
お相手がヨーロッパ人ということもあってか、電話などでのやりとりに目が当てられない。
目が当てられないというよりは、とても危険な状態のもので日本への持込は、
「これをここに固く禁ずる!」と何かの条文に書いてあったまさにその状態。
ぼくはこのような問題に関しましては時代錯誤、古い人間、九州男児かよ!
などとやゆされるほどに、保守派に属していますので、
兄とは言えこの危険因子をひっ捕らえまして、国外退去を命じました。
いささかやり過ぎではないかと言う声も聞こえてきそうではありますが、
インタルネット革命以後の日本における恋愛デバイスの発展にともなう
恋愛期間の長期化または低年齢化、高年齢化の問題(べつに問題ではない)が言われて久しい
昨今においてあえて言いたいのです。
テレビ電話なるものの出現によって、距離、場所、時間を気にせずに行われる、
「2人だけの世界」はあまりにも、襖と障子の文化が生んだ公のなかの私として
生きる日本人の感性(ここではあえてぼくではなく日本人としたい)には馴染まない。
いや馴染んではいけないものであります。
とかなんとか思いつつ兄に呼ばれて
パソコンに付けられたキャメラに向かって手を振ってみる、ぼく。
おおっなんと9時間の時差をものともせず、彼女が手を振り返す。
英語が話せないのだが、なんとなくジェスチャーなどしながら通じ合ってる感じ。
とても笑顔がチャーミングである、いい人に違いない。
文明の力すばらしい!言葉の壁、国境をもこえて、ぼくは今まさに人の心にふれたのだ。
人は変われる、きっとこんなささいなきっかけで。
ぼくはなんて偏屈な人間だったのだろう・・・、
ぼくのような青二才が日本文化を語るなど、なんておこがましいことだろうか・・・。
そうかぼくらは地球人だったんだね、「地球は青かった」んだね!
ガガーリンのこのあまりにも有名な言葉、
正確には「地球は青いヴェールをまとった花嫁のようだった」なのだそうで、
なんだかわからんけど、ぼくもこんな心境です。
なにはともあれ、「ふたりともどうかいつまでもお幸せに!」。
めでたし!めでたし!
でもやっぱ君らの表現は直接的過ぎて、深みにかけます。
早い話が周りが恥ずかしいので、
2人で日本にくる前には、「めぞん一刻」やあだち充等の書物で
日本における恋愛のありかたを勉強し、「忍ぶ恋」を理解した上でないと
入国は許可しません。

What do you think of this post?
  • like (0)

コメント(6)

  1. 人目をはばからない愛情表現に、テイクジーさんは目も当てられないってかんじなのですね。
    お兄さんを祝福してるのに、遠まわしすぎですから!
    しばらくは目をつぶって入国を許可(なぜテイクジーさんが?)してあげましょうよ!

    ぺこ (2006.11.24 01:08
  2. …笑
    確かに外国人の方達って気恥ずかしい位オープンに愛を語りますよね。でも日本人も見習うべきところもあると思うちびすけです。
    日本人は謙虚というか遠慮からなのか、自分の伴侶について知人に話すときに、いかに不出来であるような(愚妻であるような)表現をする人がいます。
    もっと伴侶を誉めよ!と言うわけではないけど、そんなにマイナス面ばかりを人に紹介する事ないのに…と思うのです。まぁ、文化の違いなのでしょうね~
    テイクジー兄さん、いつまでも相手を大切に、愛を語れる夫婦になってね!…祝

    ちびすけ (2006.11.24 16:12
  3. >ぺこさん
    わかりました、目をつぶってみます!
    しかし・・・聞こえてきてしまうのです、どんなに目を閉じようとも・・・。
    「アイミッシュー」「アイラビュー」ってお前は久保田利伸かよ!ザ・バデストか!
    こんなのは当たり前といえば当たり前の言葉ですけど、
    実際には字にすることが恐ろしい言葉のオンパレードなんです。
    やっぱぼくにはむりっぽいです、もう心の扉も閉ざすしかないかも。

    中川岳二 (2006.11.24 23:31
  4. >ちびすけさん
    ちびすけさんは寛大ですね、海よりも広い心の持ち主と見ました。
    ぼくはとしてはハナタレのころから知っている兄なんでどうも気恥ずかしくて・・・。
    でも兄のように愛を表現できたらお互いに幸せだろうし、とてもいい人に出会えたのだろうなと弟としても安心ではあります。
    愛する人のことを「誉める」大切なことかもしれませんね。
    ぼくの偏屈も多少はなおさないといけないかもです。

    中川岳二 (2006.11.24 23:54
  5. 再びちびすけです。暑く語って恥ずかしい…照
    そういう私も相手を誉めたり、ストレートな表現は苦手です。でも本当に素直に表現出来るって、素敵だし羨ましい限りです。
    テイクジーさんの手から作り出される作品にも、ご本人の人柄の良さや優しさが表現されていて大ファンです。木への愛を感じます(*^_^*)

    ちびすけ (2006.11.25 00:03
  6. >ちびすけさん
    ありがとうございます!
    いわれてみれば、インタビューなどで木に対する愛の言葉を
    けっこう語っていたりします。
    木に対してはけっこう素直に表現しているんですね、ぼくって。
    あれま!ほんとですね~、ちびすけさんに気付かせてもらいました。

    中川岳二 (2006.11.25 23:31

コメントをどうぞ