ストーブ


今日は朝から小雨がパラつき、今年初のストーブ点火。
う~ん冬のニオイです。
灯油の炎はユラユラときれい。
このストーブ中野に来てすぐに買ったトヨトミ製。
炎の見える乳白色のガラス製の筒の部分が特徴的です。
設計者のこだわりの感じられるデザインで見た目にも暖かみがありますね。
残念なことに今は廃盤商品になってしまっているようです。
ちょっとコスト高な商品だと思うのでしょうがないのかな。
使う前に分解してきれいにお掃除するのだけれど、
かなりのパーツ数で質の高い設計に好感が持てます。
開発者の好きをこだわりで形にする、
結果よいデザインの物が生まれる、理想的な製品開発だと思います。
シンプルで低コストはよいけれど、こだわりの感じられない
似たり寄ったりな物が多いような気がするので、
かえってぼくには魅力的なのかもしれません。
まぁ、ものがあり過ぎるんでシンプルクールなデザインじゃないと
暑苦しいんでしょうけどね。
ナイスですトヨトミ、トヨストーブ!

What do you think of this post?
  • like (0)

コメントをどうぞ